必死の説明が迷宮入り・・グダグダをかき消すリセット用キラーワード【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

たまーに外を歩いてて外国人から何か突拍子もないこと聞かれて、慌てて慣れない英語でいろいろ説明しようとするんだけど、頭で何て言うのか考えながら話してたらどんどんごちゃごちゃになって・・話がどんどん迷宮入りして行って・・自分でも自分が何言ってんのかよくわからなくなって・・ふと相手を見るとこんな顔していた・・・ってことよく、

 

あると思います!笑

 

f:id:bigtree1000:20171018233656j:plain

こんな顔

 

で、そういう時に今まで言ったことを全部なかったことにして新たに言いたかったことを伝える時に最高に使える裏技的なキラーワードがあるので今日はそれを紹介します。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

え、ネット上でよく使われる「草」の意味?なんでそれネット住民でもない通りすがりの超一流外資系銀行員のおれに聞くんだよ。えっと、草はもともと面白い、笑ったというのを表現する時に使われ始めた(笑)がいつしか形を変え「w」になって、それをwwwwwwみたいに並べるとその見た目が・・・

 

ポカーン

 

んでかくかくしかじか・・・だけど個人的には芝のほうがす・・・でも一般的に「w」を多用する奴はおもし・・・あれ、何だこれ全然伝わってない。えと・・・The bottom line is, ggrks!!

 

Oh, cool. Thanks!

 

POINT

The bottom line is...

(だぼどむらいにーず)

 

解説

 

"bottom line"とは底の線、つまり「根底」のことで、少し意味を変えると「根底」=「要するに重要なことは」というような意味になり、このフレーズを使った直後の説明で自分の一番言いたかったことを伝えることが可能になります。

 

なのでこのフレーズの直後の言葉さえ相手に伝われば、それ以前のグダグダな説明は全てなかったことになり、外国人からとても感謝されることになります笑

 

コツは「あー、グダグダになってきたな」と思ったら一旦間をおき、スゥーっと息を吸い込んでちょっと声を張る感じで "The bottom line is.." と切り出すとベター。

 

これは本当によく使われるし、実際凄まじく使える表現なので常に装備しておきたいキラーワードです。

 

慣れないうちは英語で物事を説明するのは大変なことですが、このフレーズを使えばまるで「凍てつく波動」のごとく全ての誤ちを消し去ることができるので、もう何も怖いものはありません。

 

f:id:bigtree1000:20171009034616j:plain

 

 

今度実際に外国人に何か説明する機会があったら是非使ってみてください。恐ろしいほどの効果を実感できるはずです。

でも、気持ち良くなって同じ相手に10回も20回も使ってしまうとさすがに自分でも結局何が "bottom line" だったか分からなくなるので要注意笑

 

それでは今日はこの辺で☆