デカイことに挑戦する友人を後押しする超カッコいい一言【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

先日ついに、お笑いコンビ「ピース」の圧倒的にリスペクトされていない方の綾部さんが、かねてからアナウンスしていたアメリカ移住を実現させました。

綾部さんが最初にアメリカ行きを発表したのが2016年10月8日だったそうで、それからちょうど1年かかって念願のアメリカ行きの切符を手にしました。

 

アメリカでは近年移民に対する縛りが厳しくなる一方で、トランプ政権に変わってからその動きはさらに激化すると言われています。

そんな中、膨大な量の手続きと厳正なる審査を見事パスし、夢のアメリカへ渡った綾部さん。

期待するお笑い好きの日本国民のエールを背に是非活躍して欲しいですね。

 

というわけで今日は応援する誰かが何かデカイことに挑戦しようとするときに、期待を込めて言う励ましの一言を紹介します。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

いやーついにかー。じゃ、行ってくるわ

 

まじ頑張れよ

 

おう、一発かましてくるわ

 

Yeah. Let ‘em know what time it is

 

POINT

Let ‘em Know what time it is

(れれむのぅ わったぃみでぃーず)

 

f:id:bigtree1000:20180306113829j:plain

 

解説

 

省略せずに書くと "Let them know what time it is” となります。

Let them knowの ”them” は特に誰と特定することはなく、一般の人々、つまり「みんなに」という意味になります。

"Let + 人 + 動詞の原型" で「人に~(動詞)させる」という決まり文句があるので、ここでは、「みんなに知らせる」という意味になります。

何を知らせるのかというと、”what time it is”「今何時か」ということ。

は?今何時かみんなに知らせる?

 

ええ、意味不明ですね笑

ただ、ここではニュアンス的に、

 

「今何時か」=「何の時間か」で、

「お前がみんなに何の時間か教えてやれ」ということになり、そこから、

 

「一発かましてやれよ」

 

くらいの意味になるのです。こんなこと言われて背中をバシっと叩かれた日にはアドレナリン大量放出不可避ですね。

 

 

”them” は会話の中ではよく ”’em(ぇむ)” と省略されることが多いので、Let ‘em know(れれむのぅ)と流れるように言えたら最高にカッコいいです。

 

ワンランク上を目指すあなたに

 

上の表現はあくまでも何かに挑戦する相手に対して鼓舞する時に使う言葉です。

では逆に、自分が今から何かをする時に、期待しているみんなに何て言ったらいいでしょう?それは、

 

POINT

You already know what time it is

(ようれでぃのぅわったぃみでぃーず)

 

です。"You already know" 「あなたはすでに知っている」ですから、「もう何の時間かわかってるよな」=「さあこれからおれが一発ぶちかますぜ」くらいの意味になります。

こんなこと自信満々に言えたらめちゃカッコいいです。惚れます笑

間違っても自分には言えません。

でもこちらの表現も結構よく耳にするので知っておくと役に立ちますよ。

 

 

いつか綾部さんにはマディソンスクエアガーデンで、"You already know what time it is"って言ってから大爆笑をかっさらって欲しいですね。

同じ日本人として誇りに思いますし、是非活躍して欲しいと思います。

 

それでは今日はこの辺で☆