目の前で価格が上昇中・・!そんな時は興奮気味に叫ぼう!【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 
日増しに認知度が増し盛り上がりを見せている仮想通貨の世界。
 
最近興味を持ち始めた人も多いはずで、自分もその中の一人。
これまで全く知らなかったことに興味を持ち始め、ゼロからいろいろ情報を集めて視野を広げていくのって、自分はめちゃくちゃ好きです。
 
元の知識がカラッポだった分、どんどん吸収できる。仮想通貨は情報の流れが速いので追いつくのが大変ですが、興味がある人は仕組みをいろいろ勉強してみると本当に面白いです。
仮想通貨も英語も、新しい知識を手に入れるためには勉強あるのみ。
ただその勉強をいかに楽しく、効率的にやるかで人生は大きく変わってくると思います!
つってね☆
 
さて、今日は自分が最近始めた仮想通貨に関する一言。
先日なんとなく価値がアガると思って買っておいた通貨。今ふとチャートをチェックしてみたら、「めっちゃアガってるやないかーい!」しかもチャートを見ている今現在もリアルタイムでどんどんアガり続けてる・・・ってことなかなかないけどたまーに、
 
あると思います!
   
今日はそんな時に、この興奮をブラジルまで届けたい・・って気持ちで叫びたいキラーワードをご紹介。
 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

さぁーて仕事も一段落したし、久しぶりにチャートでも見てみるかー。ポチッと・・えっ!!?ナニコレすご・・・

 

ピーンピコピコ・・(チャートがリアルタイムでアガる音)

 

キターーーー!!That's what I'm talking about!

 

POINT

That's what I'm talking about

(だっつわらいむとーきんがばうっ)

 

f:id:bigtree1000:20180306113837j:plain

うおぉぉーー!っしゃあぁぁーーっ!!

解説

 

省略せずに書くとThat is what I am talking about。で、"That is" 「それは」、"what I am talking about" 「私が話していることです」=「まさにそれや!」と相手の言っていることに同意するときの表現。

 

ちなみに必ずしも「相手に同意する」時のみに使うわけではなく、何かを見て(聞いて)、自分が賛同の意を表明する時にも同じように使うことができるので便利です。

この場合は目の前でアガっているチャートを見て、「コレコレ!まさにコレが見たかったんや!」という意味で使うことができ、興奮気味で強めに発音するといい感じになります。

 

日常生活でも相手の言ってることに強い同意を示したい場面って結構よくあると思うので、その時にただ「Yes!」と言うのではなく、"That's what I'm talking about!" と言えたらそれだけでめちゃくちゃカッコイイですね。

  

いろんなところでよく使える表現なので確実にマスターしておきましょう。

 

ちなみに

 

自分は普段こんな方やこんな方のブログやツイートを見て仮想通貨関係の情報を仕入れています。わかりやすく書いてあってめちゃくちゃ参考になるので興味がある人にはオススメです。

 

仮想通貨取引は相場の変動が非常に激しく、また不確定な要素もたくさん含まれているので、取引は自己責任で、余剰資金で行いましょう。

つってね☆

 

www.crypto-huuka.com

okanefuyasuzo.muragon.com

 

それではまた☆