「だから言うたやん」・・忠告を聞かない友人への一言【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!
 
最近仮想通貨にハマってます。
 
一日の値動きが大きすぎてリスクは高いけど、情報を早く仕入れて予想通りに行った時は単純にすごく嬉しい。それに加え、国家の垣根を越えた時代の最先端を走る人たちのコミュニティに加わって一緒に未来を創っていくこのワクワク感を共有できるのがなんとも楽しくてやめらないです。
 
今から10年後、自分たちの世界はきっと今とは比べものにならないくらいグローバル化や非中央集権化が進んでいるんだろうなー。
そんな夢のある未来を想像しつつ、日々たくさん情報収集しながら乗り遅れないように今必死でしがみついてます笑
 
情報の流れがめちゃ早い仮想通貨界では、昨日の情報が今日もう賞味期限切れなっていたりするし、そもそもいろんなデマ情報が出回っていたりもするので注意が必要です。
先日友人が根拠もない情報をもとに、ある通貨が絶対に高騰すると豪語して止まず、自分の制止を振り切り高額投資→見事暴落→orzということがありました。
 
これは決して珍しいケースではなく、みなさんの周りでも日常的に起こりうるケースだと思います。
 
なので今日は、あなたの周りで忠告を聞かず見切り発車で全力投資し、結果見事全身大ヤケド(レベルlll)に見舞われた、そんな哀れな友人に送る痛烈なキラーワードをお送りします。
 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

〇〇(通貨の名前)さ、アレ絶対アガっから!間違いないわ。全財産ぶち込むわ!

 

いやいや、何の根拠だよ!ホントやめとけって~

 

いやまじアガっから。まじアガっから・・・

 

ーその後大暴落ー

 

Told you...

 

調子こいてすいませんでした・・・

 

(完)

wwwwwww

 

POINT

Told you

(とーじゅ) 

 

f:id:bigtree1000:20171020020635j:plain

助言を聞かずイキり発車で大暴落・・・

 解説

 

主語が抜けているため、本来は "I told you" 「私は言いました」が正しい表現ですが、日常会話では主語が抜け落ちるのはよくあることなので要注意。

これもその典型的とも言えるパターンで、"Told you" と簡略的にすることで「言ったよな?」というような感じですね。

またポロッと冷たく突き放すように言うと、重みがさらに増して「・・・な?」とシンプルだがめちゃくちゃ攻撃力の高い一言になり、きっと相手は立ち直れないくらいのダメージを受けることになるでしょう笑

 

ワンランク上を目指すあなたに

  

今日のキラーワードは、自分の忠告を聞かなかった後で結果に対して言う一言ですが、忠告をしているまさにその時、自分の言葉を強調したい時には、"I'm telling you..." 「言ってるけどさ=まじで」を使うと良いでしょう。

 

I'm telling you, you better not waste your money on that crap man

(あぃむてりんにゅ、ゆべらなっうぇいすちょーまにおんだっくらっぷめん)(←長っ笑)

 

POINT

I'm telling you

(あぃむてりんにゅ)

 

これが普通に使えるようになったらめっちゃカッコいいっすね。

 

ちなみに上の文の意味は、「まじでさぁ、あんなク〇に無駄遣いすんのやめとけって」(注crap = クソ)

くらいの感じです。

 

 

最後になりましたが、仮想通貨投資は楽しい分リスクも伴いますので、余剰資金で節度を持って楽しみましょう笑

I'm telling you、いやまじで。

じゃ☆