話がブツ切りになってカッコ悪い・・そんな悩みはコレでおさらば!【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

東京オリンピックに向けて英語の勉強は順調ですか?

自分は英語を勉強し始めてからもう10年以上経つので慣れてきましたが、英語で思ったことをスラスラ話すのってものすごく難しいですよね。

始めのうちはどうしても言いたいことを一度日本語で考えてから頭の中で英語に翻訳して話すというプロセスになりがちなので、言葉と言葉の間に「余計なスペース」が生まれてしまい、それがなんだかちょっとカッコ悪いなと感じ、人前で英語を話すことを躊躇してしまう人も結構いるんじゃないでしょうか。

 

実際日本人で、完璧な文法で高度な単語を用いつつペラペラと喋れる人はほんの一握りなので、それを目指す必要は全くありません。日常会話に高度な単語はほとんど必要ないですから。

でも、「簡単な単語でもいいので、何とか自分の言いたい事はつっかえずに言えるようになりたい」とは誰もが思うことです。

自分にもそういう問い合わせが毎日ひっきりなしにかかってきます(うそですまだ一度もきたことがありません)。

 

では、頭の良し悪し関係なく、誰でも簡単に流れるような英語を話せるようになる魔法の言葉ってないんでしょうかアルんですっ!!(喰い気味笑)

 

実は、次の言葉を考えている間にある言葉を挟むだけで、それまでブツ切りだった文をチェーンのようにつなげ、格段にカッコよくすることができるんです。

今日はそんな便利でカッコいい魔法のような言葉を紹介します。

それじゃ早速見ていきましょう。

Here we go☆

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

(AとBそれぞれの文をつなげる場合)

A: I have a pen

B: I have a notebook too

⇒ I have a pen. YouknowhatImsayin? I have a notebook too.

(訳:おれはペンを持ってる。わかるか?あとノートも持ってるぜ。)

 

POINT

YouknowhatImsayin?

(ゆなぁむせーぃん?)

 

f:id:bigtree1000:20180306113852j:plain

YouknowhatImsayin? -Old Dirty Bastard

  解説

 

まさに魔法の言葉ですね。一目見ただけでは全く意味が分かりません笑

しかし、よくよく見てみるとこの言葉、何かの略であることに気付きませんか?

そうです、 “you + know + what + I’m + saying” をつなげたものだったんです。

そうなると意味は何となく分かりますよね? “You know” 「あなたは分かる」、 “what I’m saying” 「私が言っていること」で、=「言ってること分かるか?」って意味になります。

 

以前YouTubeで、黒人ラッパー(誰だか忘れた)のインタビュー動画で女性の記者が何か質問したことに対してラッパーが、"I don't know, youknowhatImsayin?" (わかんねぇ、わかるか?)と答えていたのを見たことがあります。

 

いやわかんねぇわ笑

 

この言葉、今や黒人のみならず、イケてる老若男女の間でやたらと使われる言葉なんですね。

次の動画を見てみてください。冒頭から3秒に1回くらいのペースで "YouknowhatImsayin?" が飛び出します笑

 

www.youtube.com

 

 そうです。こうやって使うんです笑

やり方がわかったのであとはレッツひたすらトライ☆笑

 

ワンランク上を目指すあなたに

 

今回紹介した "YouknowhatImsayin?" 以外にも、言葉をつなぐ便利なフレーズは

 

POINT

"YouknowhatImtalkingbout?"

(ゆなむとんばう?)

"YounderstandwhatImsayin?"

(ゆあんだすていんわらむせぃん?)

"See what I mean?"

(すぃわらみーん?)

 

など実はいろいろあるんです。

なので慣れてきたら1種類だけでなく会話の中でいろいろ織り交ぜることができたら、あなたはもう完全にヤバい奴です。

 

 

実際なかなか使うのは難しいかもしれませんが、かなりインパクトの強いキラーワードなので、覚えておいて損はないです。そしてここぞと言う時に使ってみましょう。

キラーワードを制する者は英語を制するんです、YouknowhatImsayin?

それじゃあ今日はこの辺で☆