ナヨナヨしてて頼りない喋り方をしてる奴がいたらすかさず言おう!【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

日本人でも外国人でも、喋る時に声小さくて、ゴニョゴニョ話してて何言ってるかよく分からない奴っていますね。

そういう奴って大体見た目で分かるんですが、なんか猫背気味で道の端っこの方をスゥ〜〜・・って気配を消しながら歩いてる感じのタイプの場合が多いです笑

みなさんの周りにも必ずいると思うんですが、そういう人ってなんで全世界共通なんですかね。

 

やっぱり人と話すときは背筋をビシッと伸ばして、きちんと相手の目を見て話すのが「できるオトナ」のマナーです。

例え全く同じ内容の話をしていたとしても、「背筋ビシッとハキハキ君」と「猫背マルッとナヨナヨ君」の言うことでは聞き手の持つ印象は大きく変わってくると思います。

相手に何か大事なことを伝える時の、相手から見た自分の「印象」って自分が思っている以上に結構大きかったりするんですよね。

 

なので今日は、すごく自信なさげにボソボソ喋ってる「猫背マルッとナヨナヨ君」の友人を見かけたら是非言ってほしいキラーワードを紹介します。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

あ、あれ・・この前貸したDVDのことなんだけどさ、あれ、も・・もう観た?

 

え?いやまだだけど、もう返せってこと?

 

あ、いや・・別にその・・まだ・・まだ観てないならいいんだけど、なんか、母さんが、その・・・

 

Say it with your chest man!!

 

POINT

Say it with your chest

(せぃうぃちょちぇすっ)

 

解説

 

"Say it"「それを言え」+ "with your chest"「お前の胸と」で、「胸張って言えよ!」となります笑

難しい単語が使われているワケでもないので意味はなんとなくイメージできるんじゃないでしょうか。

このキラーワードは、自分の大好きなアメリカのコメディアン、Kevin Hartの "Seriously Funny" というDVDの中の1コマで使われていたセリフで、初めて聞いた時盛大に笑いました。

 

気になる人はこちらのリンクからどうぞ。

www.youtube.com

  

また同DVDでは、強調バージョンで "chest" の前に "god damn" をつけて "Say with your god damn chest!!" (せいうぃちょがっでぇむちぇすっ!)というのも度々出てきます。ここぞという時に使ってみたいですね笑

 

ちなみにこの "with your chest" 自体はもともと熟語(イディオム)でもスラングでも何でもなく、おそらくKevin Hart自身がオリジナルで作り出した言葉でしょう。でも、Kevin Hart自体がめちゃくちゃ人気あるので、このキラーワードも今ではかなり認知されています。

 

f:id:bigtree1000:20180306113856j:plain

Kevin Hart

 

これからみなさんの周りで「あの・・その・・・」とボソボソと友人が話しているのを見かけたら、是非積極的に使って広めていってほしいと思います。

 

それじゃあ今日はこの辺で☆