退治した哀れな虫に一言、「誰か忠告してくれりゃ良かったのにな」【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

みなさん虫は平気ですか?

自分は無理です。

小さい頃はあんなに好きだったのに、いつの間にこんなにダメになったんだろう。

カブトムシとかクワガタとか昔は欲しくてたまらなかったのに、セミだって平気で捕まえてたのに、今となっては絶対に手が出ない。

先日、子供がセミの死骸をニコニコしながら持ってきて引きました笑

キッチンにGが出た時も、自分よりも虫がダメと分かっていながら嫁に助けを求める始末。

 

情けないですね・・・(でも別に克服する気はないです笑)

 

そこで今日は、家に帰ったら壁に謎の虫がくっついてて、超ビビりながらもなんとか退治し、やっつけた哀れな虫に向かって強がりながら「おれん家にくるからこうなるんだ」とばかりに吐き捨てる時の決めゼリフを紹介したいと思います笑

 

実はこの元ネタは、Mr. Chi City(Chi City=シカゴのこと)というアメリカ人がYouTubeに上げている動画で、初めて見た時腹を抱えて大爆笑した大好きなシーンから引用しています。それでは一緒に見ていきましょう。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

ー退治した直後ー

 

・・はぁ、はぁ・・・壁にあとがついちゃったよ・・ふー。・・マジックワイプできれいに拭いてと・・・よし。・・・これで元通り。ふぅー。

 

・・・。

 

ふぅー。なんだこれ。もはや何なのかもよくわかんないな。・・お前はもう死んだぜ・・・来る家を間違えたな。Somebody shoulda told you

 

POINT

Somebody shoulda told you

(さんばでぃしゅだとーじゅ)

 

f:id:bigtree1000:20180306150453j:plain

 

解説

 

省略せずに表記すると、"Somebody should have told you" となります。"should have" を "shoulda" と表記するのはスラング的な書き方ですね。他にも "coulda = could have""woulda = would have" などがあります。

 

文法的な話で少し難しいことを言うと、"have + 動詞の過去分詞形" で「現在完了」の意味を表すことができる、というのを学校で習いますが、ここではそういった文法系の話は特にするつもりはないので、とりあえずキラーワードとしてそのまま覚えましょう笑

なぜならきちんとした文法の知識なんかなくてもペラペラ英語を話すことはできるからです(後述)。

 

文法を細かく勉強するのが好きなら構いませんが、自分だったら、「今から英語を勉強しよう」と思っている人がいたとしたら「文法を勉強した方がいいよ」とは絶対に言いません

それだったらひらすらリスニングと発音の練習をすると同時に少しでも単語やキラーワードを覚えて外国人とコミュニケーションを取った方がいいと心から思います(自分はそうやって英語を上達させました)

 

なのでとりあえず細かいことは置いといて、例文を見てみると、"should" は「〜すべき」なので、"Somebody"「誰かが」"sould"「すべき」"have told you"「あなたに言った(現在完了形)」なので、「誰かがあなたに言ったべきだった」=「誰かお前に言ってやれば良かったのにな」というような感じになります。

 

気になる動画はこちら☆

www.youtube.com

上記例文の部分は3:45あたりから。"Somebody shoulda told you" は4:13あたり。

 

全体的にスラングが多いうえにかなり早口なので難しいかもしれませんが、内容はめっちゃ面白いです笑

 

ちなみに "Somebody shoulda told you" の直前は、"Souldn't have came to my crib, dude" 「お前、おれん家に来るべきじゃなかったな(crib = スラングで「家」)」と言っています。めちゃ早いですね笑

 

"Shouldn't have" はさっきの "Shoulda" の反対(否定形)なので、「すべきじゃなかった」という意味になります。厳密に言うと "have" の後は動詞の過去分詞形にならなきゃいけません。なので、"came" じゃなくて "come" にならなきゃおかしいんですけど、これは黒人英語によくありがちなパターンで、"have" の後が普通に動詞の過去形になることが多いんです!

 

ほらね。結局ネイティブのアメリカ人でもそうゆう風に英語を崩して使ってる。

なので、いちいち「文法的に何が正しいか」なんてのは考えない方が英語の上達は早くなります。

 

英語の種類はホントに国や人種の数だけありますから。

あんまりテクニカルになりすぎずにノリで覚えていくことも大切です。

 

Mr. Chi Cityの動画シリーズは他にもいくつかあるので良かったら他のもチェックしてみてください!個人的にはこの動画が一番好きです。

 

 

早く家に虫が来るといいですね。

それでは今日はこの辺で。

Mr. Chi City メイン☆