ホントに大丈夫?ねぇ、ホントに大丈夫なの?と心配する友人に一言【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

 すごい心配性の人っていますよね。

休日買い物に出かけたんだけど、戸締りしたかどうか気になって引き返す。結果ちゃんと鍵閉めてあったので安心して歩き出すも、今度は冷蔵庫開けっ放しにしてたような気がして引き返す。・・冷蔵庫はちゃんと閉まっていて「なんだよ、もぉ」と半ギレになりながらも電車に乗り遅れまいと小走りで駅に向かっている途中に今度はリビングのパソコンでエロサイトを開きっぱにしていたことに気付き慌てて戻るも、ちゃんと閉じられている上に履歴まで処理してあって、Damn(でぇむ)!!(「くそっ!」)と叫んでしまったってこと、

 

あると思います!笑

 

今日は、友達にそんな心配性の人がいて、いろいろ質問をしてきたときに安心させてあげるためのカッコいいキラーワードを紹介します。それでは見ていきましょう。

 

 最高にCOOLな一言はコレだ

 

ねえコレ本当に大丈夫?ヒモ切れたりしない?

 

大丈夫だって、I got your back

 

ホント?だってこんなに細いんだよ?ていうかそもそもバンジー飛ぶのおれで、お前はただそこで見・・・え?っうわあぁぁぁぁーーーー・・・!!!

 

...I got your back, my friend

 

POINT

I got your back

(あがっちょべぁっく)※「バ」と「ベ」の間くらいの音

 

f:id:bigtree1000:20180306152115j:plain

 

 解説

 

直訳すると、"I got"「私は持った」、"your back"「あなたの背中を」なので、「あなたの背後はカバーしてるよ」=「おれがついてるから大丈夫だ」というような感じになります。心強いですね。

逆に、相手に「大丈夫だよな?、お前はおれについててくれるよな?」って時は、"You got my back?" と疑問形にすれば大丈夫です。

「おれ」が「お前」の背後 (back) についているのか、「お前」が「おれ」の背後についているのか、状況が想像できれば覚えるのも難しくはないですね。

 

 他には、例えば賛成・反対を決める時なんかにも、「おれはお前の味方だよ」というのを伝えるのに、"I got your back" を使ったりするので覚えておくと便利です。

 

 

 彼女とお化け屋敷に行ったときにカッコよく、"I got your back" って言えたら頼もしいですね。

 

・・・ん? "got your back" =背後につく・・ってことは彼女先に行かせてるやないかぁーい!笑

 

 

それでは今日はこの辺で☆