「えっ何て?」相手に聞き返す時のカッコいい一言【今日の英語】

Welcome back y’all to another episode of Big Tree In The House!

 

最近「よく分かんないこと言っている人が増えたな」と思うのは自分だけだろうか。

30歳過ぎて、いよいよ流行の最前線とか分かんなくなってきたなと思います。

「パリピ」とか「まじ卍」とか、そのくらいまではギリ分かるけど、それ以上はもうつらい笑


ちょっと昔に比べると、スマホの普及のおかげでSNSがものすごい勢いで浸透して、誰でも簡単にあらゆる情報を「深く」掘れるようになったので、個人の情報の偏りがすごいなぁと感じます。同時に「情報の賞味期限」もものすごく早くなっていて、おっさんにはちょっとしんどいですわ。

 

先日久しぶりに会った知り合いと話していて、相手の言っていることが全く理解できないという事件がありました。「言ってる内容は分かるけど賛同できない」ということではなく、「何のことを言っているのか全く理解不能」の方です。
同じ日本人同士なのに、「えっ?今の日本語?」みたいな。

 

なので今日は、英語で話をしていて相手の言っていることが全く理解できなかった時の、「えっ、今何て言った?」って聞き返したい時に使えるカッコいいキラーワードを紹介したいと思います。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

卍卍よきまじテンあげやばみはげる

 

Say what?

 

卍卍よきまじテンあげやばみはげる

 

Say what?

 

だから、卍卍よきまじテンあげやばみはげる

 

え、えっ? What did you just say?

 

だーかーらー!、卍卍よきまじテンあげやばみはげる!

 

・・・Fuck you笑

 

POINT

Say what?

(せぃわっ?)

 

f:id:bigtree1000:20180306113943j:plain

コイツ・・ww

 

解説

 

“say”「言う」+ “what”「何」で「何て?」って意味です・・以上笑
教科書英語を習ってきた人は、”Pardon?” や “Could you repeat?” なんて堅苦しい言い方を知っているかもしれませんが、こっちの方がよっぽどカジュアルで簡単なので友達同士のやりとりであればコレを使っておけば間違いありません。
また少し目上の人やフォーマルな場合は、”Sorry?” と言ってもいいかもしれませんね。この場合は必ず “Sorry?” と疑問形にして語尾の発音を上げるのがポイントです。

 

POINT

Sorry?

(そーりー?)

※これだけで「すみません聞き取れなかったのでもう一度言ってもらえますか?」という意味になります。

 

どちらもめちゃくちゃ簡単なので一発で覚えましょう。

よく聞き取れなかった時は遠慮せず何度も聞き返しましょう。

 

ちなみに上の日本語は「イェーイいいねテンションあがるやばい超嬉しい」という意味らしいです・・・F*** you\(^o^)/

 

早速今日から使ってみてください。
それではまた☆