話がややこしくなってきた時に、「ちょっと詳しく説明させてくれ!」【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

 なんとなく「ポロっ」と言ったことが非難の的になることってありますよね。

ブログやツイッターなどでよく言う「炎上」ってやつです。

社会的弱者や不特定の人を無差別に攻撃することは非難されて然りと思いますが、今の日本にある(というか恐らく世界中で)少しでも目立ったことをすると何でも叩かれる風潮は自分は好きではありません(ということをずっと前から思っているが、だからと言って特に何もしてません笑)

 

下ネタとか放送禁止用語だとか。そういったものから子供を必死になって引き剥がそうとする大人を尻目に子供はいくらでもスマホで自由にネットを飛び回れる時代。だったら下ネタや放送禁止用語に触れ、それらを正しく処理できる良識を身につけさせることが健全な社会を生むために大人がすべきことなんじゃないかと自分は思います。

 

とまぁそれはどうでもいいんですが笑、今日は、話が思わぬ方向へそれていき、自分の立場が何とも危うくなった場面で、「いやそれは違うんだっ!説明させてくれっ!」と言いたい時に使えるキラーワードを紹介したいと思います。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

え?あの彼女はまじありえなかったからとっくに別れたけど

 

は?お前最近まで仲良いって言ってたじゃん

 

お前ホントころころ彼女変わるよな

 

えー女を何だと思ってんのサイテー。まじ引くわ

 

いや、違うんだって!Let me break it down for y'all!

 

POINT

Break it down

(ぶれぃきっだぅん)

 

f:id:bigtree1000:20180306113947j:plain

ちょっ、ちょ待っ・・・

 

解説

 

めちゃめちゃ窮地に立たされてますね笑

 

●度々出てくる表現ですが、"Let+人+動詞の原形" で「人に(動詞)させる」という決まり文句があるので、そこに当てはめてみると、"Let+me+break it down" となり、「自分に "break it down" させて!」という風になる。

●そしてこの "break it down" というのが今日のミソで、意味は「(分かりやすく)説明する」になります。

"break"「壊す/崩す」+ "it" + "down"「下(低い方)へ」で、「低い方へ崩していく」=「かみ砕いて説明する」というイメージです。

●そして最後に "for y'all"「お前らのために」がついています。

 

これは本当によく使われる表現なので覚えておいて絶対に損はしません。

例えば相手の言っていることがイマイチよく分からなかった時なんかは、

"Please explain"「説明してください」

って言うのもありですが、同じ意味で、

"Please break it down"

って言った方がなんとなくちょっとカッコいいですね笑

 

ちなみに最後の "for y'all" の "y'all" ですが、こちらの記事で紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

www.bigtreeinthehouse.com

 

 

 でも、説明したところで更なる泥沼にハマったらどうしましょう。そうなった時に使えるキラーワードはあるんでしょうか。いいえ、ありません。

そうなったら最終的には「DOGEZA」で解決しましょう笑

それではみなさん炎上には気を付けて。

See ya☆