仮想通貨のICOは「十中八九」詐欺ってホント?【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

現在仮想通貨にハマっています。

 

2017年5月頃に取引を開始し、年末の高騰を受けて一時は順調に資産が増えていましたが、その後仮想通貨界全体での急激な調整を受け現在は「自己資産絶賛大暴落中」です。近頃はケータイアプリで資産状況を確認すること自体が辛くなってきたので、しばらく仮想通貨のことは忘れ、せっせと記事を更新することに励むようにしています笑

 

その仮想通貨界についてですが、最近では頻繁に「ICO」という言葉を耳にします。仮想通貨取引をしたことがある人はおそらく知らない人はいないんじゃないでしょうか。

 

知らない人のために簡単に説明すると、「ICO」とは、"Initial Coin Offering" の頭文字をとったもので、企業や新鋭のグループなどが仮想通貨を使って資金調達をすることです。従来の企業の資金調達法の代表格であった「IPO」"Initial Public Offering"(新規株式公開)と似ていますが、ICOはそれを行う団体が独自の仮想通貨(トークン)を発行し、それを「プレセール」や「トークンセール」を通じて投資家に販売することで資金を得るという仕組みですね。

 

・・・あたかも知っている風に書いていますが完コピです。ええ。

 

そしてこのICOは非常にシンプル且つ、参入のための敷居がとても低く、ある程度知識があれば誰でも簡単に行うことができるため、2017年中盤~後半くらいには世界中で空前の「ICOブーム」が巻き起こりました。

 

しかし、簡単な反面、楽に資金を調達できるということを逆手に取り、実際にプロジェクトを開発する気もないのに、とりあえずできもしない「絵に描いた餅」を散々アピールし、投資家(自分たち)から金を巻き上げるだけ巻き上げて姿をくらませるというとんでもない蛮行にでる鬼畜たちがあらわれ、ろくに知識もなく期待に煽られて意気揚々となけなしの小遣いをつぎ込んだ哀れな投資家(自分)は己の無能さを悔やみながら、詐欺でないことを毎日寝る前に神に祈るという生活を強いられ続けています。

 

もちろん中にはちゃんとしたプロジェクトもあって、開発の進捗状況を投資家に報告しながら順調に進んでいる様子も伺えますが、仮想通貨市場自体がまだまだ発展途上ということもあり、そのプロジェクト自体が成功を収めたと判断できるのはもう少し先の話になりそうです。

 

本当に星の数ほどいろんなICOがあり、それぞれの目的やロードマップ(開発計画案)を眺めていると、どれも素晴らしいものばかりで目移りしてしまいますが、実際にはそのほとんどが予定通りに実現させることが極めて難しいか、そもそも詐欺であるかのどちらかでしょう。

 

ということで今日は、ICO投資を考えている全ての人へ、被害者からの警鐘の意も込めて、「ICOなんて十中八九詐欺に決まってるさ」という時の「十中八九」の英語での表現を紹介したいと思います。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

今〇〇のICO注目してるんだよねー

 

え、あれ完全に詐欺っしょ

 

え、そうなの?

 

▲▲がSNSでめっちゃ拡散してるやつっしょ? ICOs that ▲▲ is pumping are nine times outta ten scams, I'm telling you.

 

POINT

Nine times out of ten

(なぃんたぃむずあうらてん)

 

f:id:bigtree1000:20180311010829j:plain

 

解説

 

"nine times" で「9回」、"out of ~" で「~のうち」という意味なので、「10のうち」ということになり、全体で「10回のうち9回」という意味になります。日本語で言うと「十中八九」ですが、英語では「十中」なんですね笑

 

もちろん "seven times out of ten" とか "five times out of six" とか、「〇回中〇回」という数字がはっきりしていればそのように表現することはできますが、いわゆる日本語の「高確率で」とか「ほぼ」という意味での「十中八九」と同じ表現をしたいなら "nine times out of ten" を使いましょう。

 

ちなみにその他の "scam" と "pump" についてですが、どちらも仮想通貨ではよく出てくることばで、"scam"=「詐欺」、"pump"=「影響力のある人が買いを煽ることで一時的に価格を吊り上げること」という意味ですので知らなかった人は覚えましょう笑

 

上のセリフの訳は「▲▲がパンプしてるICOはほぼ詐欺だよ、まじで」という感じです。

 

そして最後の "I'm telling you" についてですが、こちらの記事で紹介しているので良かったら一緒にチェックしてみてください。

www.bigtreeinthehouse.com

 

 

最後に、仮想通貨界はまだまだ発展途上のため法規制も完全に整備されておらず詐欺やハッキングなどの犯罪もかなり横行しています。詐欺案件を詐欺だと知りつつ宣伝することやそもそも詐欺プログラムを開発することは言語道断で「悪」であり、そのような鬼畜は非難されて然りではありますが、公の場でやってしまうと、最悪の場合名誉棄損で訴えられ、さらに厄介ごとが増える可能性もあります。

 

なので、あくまでも投資は無理のない範囲で自己責任で行いましょう。つってね!

それではまた☆