元カレ/元カノにしつこくやり直そうと迫られた時に吐き捨てよう【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

人生出会いがあれば、別れもあります。

 

世界には76億人の人が暮らしていて、たとえ一生かけてどんなに頑張っても世界中の人に会うことは絶対に無理でしょう。日本だけでも1億2000万人以上の人が生活していて、同じくどんなに頑張ったとしても国民全員に会うことは不可能です。

 

なので、日々人との出会いに感謝して、一つひとつの人間関係を大切にしていきたいと思っています。

 

今日は、そんな縁があって出会い、彼氏・彼女の関係となったものの、すれ違いによって別れてしまったが、考えを改めて復縁を持ちかけてきた相手に対して、冷たく吐き捨てる時のキラーワードを紹介したいと思います笑

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

ごめん。ホントに自分が間違ってたと思う。こんな風になってからしか気付けなかった自分が本当に情けない。でももう同じ過ちは繰り返さない。だからもう一度やり直そう

 

Oh, bitch please

 

POINT

Bitch please

(びっちぷりーず)

 

f:id:bigtree1000:20180311041218j:plain

 

解説

 

 言ってみてぇ笑

 

自分はいつも頼み込む側なので、吐き捨てる側のやつ言ってみてぇ笑 

 

それぞれの単語の意味は説明するまでもありませんが、"Bitch please" では、「まじあり得ないんだけど」とか、「まじ勘弁」くらいの意味で、呆れてモノも言えないときや、軽蔑の意を表すときに使われることが多いです。

 

まあ状況によってさまざまな意味に解釈することができるので、文脈次第ですね。

 

例えば、トランプをしていて自分が一番でアガる時に、"Bitch please!"(「10年早いわ!」みたいなニュアンス)という感じで使ったりもします。

 

ポイントとしては、

 

POINT

①ドン引きするようなどうしようもないことを言ってきた時の返答

 

②競おうとしてきた相手に対して自分と張り合おうなんてあり得ないぜと言う時

 

上記のようなシチュエーションで使われることが多いです。

 

実際に元カレ/元カノにコレを使うことになる場合は、おそらく相当な事件があって別れた時でしょう笑

 

まぁ・・・まずは彼女、彼氏を作るところからですかね。

 

 

ちなみにドン引きするような場面で使えるキラーワードはこういうのもあります。ニュアンスはほとんど一緒なので、どちらのシチュエーションでも入れ替えて使っても大丈夫です。

 

www.bigtreeinthehouse.com

 

意外と使える場面は多いと思うので、是非覚えて使ってみましょう。

それではまた☆