別れ際にカッコよく「またな」って言ってみたい【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

別れ際の一言っていろいろあると思いますがみなさんはなんて言いますか?

 

日本語だったら「じゃあまた」とか「またね」が王道だと思います。

英語だったら "Bye" や "See you" という人がほとんどじゃないでしょうか。

 

今ふと、昔大好きだった「笑う犬の冒険」という番組の最後で、若き日のベッキーが「ロケットビ~バ~イ!」と言っていたのを思い出しましたが、覚えてる人はいるでしょうか笑

 

「ビーバイ」は「バイビー」を逆さにしたんだと想像できますが、「ロケット」はどこから来たのか全く意味不明です。今度ベッキーに会った時に聞いてみようと思います。

 

それはさておき、今日は英語での別れ際の一言について、めちゃくちゃカッコいいフレーズがあるので紹介したいと思います。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

お、そろそろ終電の時間だ。いやー今日は会えて良かったよ

 

いやホントに。お前の方こそ元気そうで何よりだよ。また近々飲もうぜ!

 

Aight, I'll catch you on the rebound

 

Aight. One

 

POINT

・Catch you on the rebound

(きゃっちゅおんだぅりぃーばぅん)

・One

(わん)

 

f:id:bigtree1000:20180312035857j:plain

リバウンドを制する者は英語を制す!

 

解説

 

今回は豪華2本立てです笑

 

まず、最初の "I'll catch you on the rebound" から解説すると、

"catch you" で「あなたをつかまえる」、"on the rebound" は「リバウンドで」という意味なので、「リバウンドであなたをつかまえる」という意味になりますが、うーん、ちょっとよくわかりませんね。なのでちょっとイメージで考えてみましょう。

 

「リバウンド」というのは、ご存じバスケのあのリバウンドのことです。ボールがボードやリングに当たって跳ね返ってきたところをキャッチする。というイメージを、ここでは自分と相手に例えて使っているんですね。

 

この場合、自分と相手のどっちがボールでどっちがボードかというのは大きな問題ではなく、「一度離れてまた会う」という意味で使われています。

そこに未来や意志を表現する "I will" をつけて、「また連絡するよ」という感じに仕上がるんです。

 

どうです?かなりシャレオツな言い方じゃないですか?

 

そして次の "One" についてですが、これは実は "One love" の略で、直訳すると「一つの愛」ですが、スラングで「またな」という意味で使われています。

 

その背景にあるのはレゲエカルチャーでよくうたわれているメッセージで(ボブ・マーリーの同名曲は一度は聞いたことがあるはず)、「人種や肌の色を超えた人類愛」や、「一つの愛(心)で世界は良くなる」という考え、または「Love & Peace」のような決まり文句など、いろいろな解釈ができますが、ようするに相手へのケアと親しみを込めて "One love" が別れ際のあいさつとして使われるようになり、そしてそれがやがて省略され、"One" になったんだと思います。

 

どちらもかなりカッコいい表現ですね!

 

ちなみに

 

上の会話で使われている "Aight" についてですが、こちらの記事で紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

www.bigtreeinthehouse.com

 

 

以上、今日は別れ際に使える2つのカッコいい決めゼリフを紹介しました。どちらも簡単なので、早速今日から使ってみてください。

きっと、「え?何それカッコいいどういう意味?」と聞かれ、説明しているうちに終電を逃すことになるでしょう笑

それではまた。

ロケットビ~バ~イ☆

 

・・・そっちかよ笑