【効果絶大】お金をかけず最速でペラペラへの4stepsーその④

f:id:bigtree1000:20180330233225j:plain

Welcome back y'all to Big Tree In The House!

 

もしできたらこんなことをしたいと密かに野望を抱いている「英語」 

 

出川のおつかいを助けたい。 

 

第二の戸田奈津子さんを目指したい。

 

NYへ語学留学に行った芸能人を出待ちして英語で話しかけその成果を確認したい。

 

スピード違反で捕まった際に英語しか喋れないふりをして罰金を免れたい。

 

アメリカ大統領選への出馬を企てたい。

 

野望のスケールの大小はありますが、何かを目標に頑張ることは良いことです。

 

 

じゃあみなさん、どうやって英語を勉強してますか?

 

駅前留学?オンライン英会話?参考書?

実はそんなことしなくても絶対に英語ペラペラになることができます。

 

お金と時間をセーブしつつ、独学で英語を勉強し、TOEIC満点、英検1級を取得し現在は通訳として国内/海外で活動をしている自分が己の経験を元に、最速で英語を上達させる極意を4回に分けて紹介するこの企画。

 

その名も「無課金最ペラシリーズ」笑

 

前回の【Day3】では、英語学習者が知っておくべき語彙力についての事実と、そのための学習方法について紹介しました。

 

単語は多く知っていれば知っているほど細かいことを表現するのに役立ちますが、ある程度の基礎をカバーできていれば、それらを使っていくらでも説明をすることが可能です。大切なのは英語自体に慣れ、頭の引き出しからいつでもスッと引き出せるようにしておく、ということでしたね。

 

【Day3】のおさらいはこちらからどうぞ。

www.bigtreeinthehouse.com

 

さて、早いもので、当「無課金最ペラシリーズ」もいよいよ今回で最終回となってしまいました。ここまで継続して読んでくださった方々、どうもありがとうございます。みなさんの忍耐力の強さに心から敬意を表します笑

 

みんなここまで頑張ってきたんですから、このシリーズを読み終わったころにはきっと、肉眼で人の戦闘力を数値化して読み取れ、1トンくらいの岩であれば片手で簡単に持ち上げられるくらいにはなるでしょう。(個人差はありますが) 

  

 

さあ、そこでいよいよ最終回の【Day4】ですが、内容が【Day3】の中盤くらいから気になって心がかき乱されているあなた。

 

もうやるべきことは分かっているはずです笑

 

それでは・・・涙を拭いて、早速見て行きましょう。

Here We GO☆

 

まずは・・・

 

これまで【Day1】から始まり【Day3】まで、それぞれ以下のことを学んできました。

 

POINT

 

【Day1】効果的なリスニングの上達方法

 

【Day2】自然とネイティブの発音を身につける方法

 

【Day3】日常会話に必要な最低限の単語と勉強法

 

 

で、いよいよ【Day4】なんですが、正直、「無課金最ペラの極意」をここまで知ってしまえば、

 

はっきり言って、もうこちらから教えられることはほとんどありません。

 

 

どてっ。

 

「最終回なのに何も教えないのかよっ!」

 

 

ええ。

 

ここで一度コッテコテなやつを入れておきたかったんです。

 

 

ええ。 

 

・・ということで気を取り直して、ちょっとまじめな話をすると、もし現在あなたがすでに「日常会話に必要な単語をある程度身につけて、最低限のリスニング力とギリギリ伝わる発音さえ備わっている」ならば、あとは「実践実践実践実践実践実践実践実践実践実践あるのみ」です。

 

この「無課金最ペラシリーズ」を読んでいるあなたのゴールは、超経済的かつ効率的にペラペラになることですよね?ホンモノの生きた英語を身に付けるのに最も効果的なことは、「ホンモノの生きた英語を話す人から学ぶこと」です。これは疑いようの余地がありません。

 

実際にネイティブスピーカーが身近にいれば、海外留学なんてしなくても、リスニング、スピーキングの練習ができて、気になる単語だって教えてもらえます。さらに間違っていればその場で直してくれるんですから、あなたにとって最高の先生になります。

 

そんなネイティブスピーカーはあなたの周りにいませんか?

 

きっとたくさんいるはずです。

 

めちゃくちゃ山奥の集落に住んでいない限り、今や日本にいてもあちこちで外国人を見かけますね。(めちゃくちゃ山奥の集落に住んでいる方はすみませんが今すぐ一番安い見積もりをとって街に引越してください)

 

ただ、問題はどうやって彼らから英語を学ぶか。「こちとらろくに英語も聞き取れないし、会話なんて絶対無理」と思っていませんか。

 

大丈夫。その答えはとても簡単です。

 

 

ノリです笑

 

 

だって、奴らめちゃくちゃノリいいですから笑

 

 

外国人はホントにこっちが疲れるくらいノリがいい。なので仲良くなってしまえば、英語を学ぶうえで最高のパートナーになるのです。

 

そのためにはいかに外国人と仲良くなるかですが、仲良くなるためには「きっかけ」が必要です。いくらノリのいい外国人と言えども、あなたがセクシーな女性/男性でない限り、よく知りもしない相手に根気強く英語を教えてくれることはないでしょう。

 

ということで、最終日の【Day4】では、他に教えることがないので「外国人から生きた英語を直接学ぶためのきっかけを作る方法」をレクチャーしたいと思います笑

 

ズバリ、トレーニング方法はコレ

 

友達を作るためにはまずは「きっかけ」を作ることから。これ、万国共通です。

 

そのきっかけ作りに役立つのが、ズバリ、当ブログで紹介している「キラーワード」の数々です!

 

 「キラーワード」というのは自分が勝手に名付けたものですが、要は「パンチライン」みたいなもんです。

 

たまに街で「なんでそんな表現知ってるの!?」というフレーズを言ってくる外国人っていますよね。

 

 

自分は昔、偶然街で「トニー」というイタリア人の男に出会いました。トニーはもう一人の友達と日本に旅行に来ていて、道を尋ねようとして自分に話しかけてきたんです。

 

普通に道を教えてあげると、「アリガトウ」と言った後にトニーはこう言いました。

 

 

「アツイヒワァ、@#$%(自主規制)二ヒエタズキーニィ、ワリカシ、チョドイイ」

(暑い日は、@#$%(自主規制)に冷えたズッキーニ、わりかし丁度いい)

 

f:id:bigtree1000:20180403022846j:plain

ズッキーニ・・こ・・これを?


 

・・・!?!?!?!?!?

 

 

なんだそのことわざは!?・・ていうかなんだその発想は!!?・・お前の故郷ではそれが普通なのか!?・・・・なぜ「ワリカシ」を使った!??・・てかズッキーニどう使うんだよ!!・・ズッキーニの上に乗せるのか、ズッキーニを上から置くのかどっちなんだよ!!・・・あと使ったズッキーニはどうすんだよ!!・・・・ズッキーニじゃなくてきゅうりでもいいのかよ!!

 

・・・いろいろツッコミどころが満載すぎて自分はパニックになった。

  

 

そしてその後僕らは打ち解け、トモダチになった笑

 

本当に最初の一言が強烈すぎて、自分は一瞬でこのトニーという男に興味を持った。

 

しかしトニーは日本の文化が好きなものの、言葉の方は全くと言っていいほどダメだった。が、トニーは言葉が喋れなくても気にせずガンガン飛び込んでいくタイプだったため、一緒に遊んでいるうちに自然と日本語を身につけ、あっという間にペラペラになった・・・。

 

トニー、恐るべし笑

 

 

 

・・というように、友達になりたい場合はまずはちょっと変わったことや面白いことを言って、自分に対して相手に興味を持ってもらうことが一番の近道なんじゃないかと思います。

 

で、一度友達になってしまえば、あとは煮るなり焼くなり好きにすればいい笑

 

 

ホンモノの生きた英語は、「ネットや参考書からではなく、生きた人間からしか学べない」

 

これ、事実です。みなさんが幼少期にひたすら聞いて、喋って日本語を習得してきたように、英語もやっぱり実際に口を動かして、体を使って、声に出して練習しないと喋れるようにならないし、未完全の状態でもいいからどんどん使っていかないといつまで経っても「知識としての英語」からは抜け出せないんです。

 

「まだ全然喋れないし」と失敗をすることを恐れ、「もう少し知識をつけてから」と自分の殻を破れなかったら、いつまで経っても英語を喋れる日は訪れないですよ。

 

小さな子供を見てください。周りの目を気にすることなくワケの分からないことを一日中喋っています笑

 

デパートのエレベーターの中でデカイ声で「まじ卍ハナクソ食べた」とか言って一人で大爆笑しています笑

 

みんなこれくらいのノリでどんどんチャレンジしていかないと。

 

そのためには、当ブログで覚えたいくつかの「キラーワード」をひっさげ、街にいる外国人に話しかけてみてはいかがでしょうか?

 

まじめな話、私が提唱する「無課金最ペラ学習法」でベースを作ったうえで、この「トニーアプローチ」を 活用し、チャレンジを続ければ、あなたは驚くほどのスピードで英語ペラペラになれるでしょう。

 

 

これが、自分が考える「お金をかけず最速でペラペラになる方法」です。 

 

まとめ

 

というわけで、これまで4回にわたり「無課金最ペラシリーズ」をお送りしてきましたが、結論を見て少しがっかりした人もいるかもしれません。

 

「なんだよ、結局地道な努力が必要じゃねえかよ」と。

 

そうなんですよ。

 

残念ながら地道な努力が必要です。

 

世の中には、「2週間続けるだけでペラペラに」なんていう教材も多く出回っていたりしますが、あんなものは全部ウソッパチです。

 

1つの言語を2週間でマスターできるなんて、そんな夢みたいな話はありまへん。そんなことできたら今頃みんなペラッペラのツルッツルなんですから。英語をなめたらあきまへん。

 

あのトニーですら日本語ペラペラになるのに2週間以上かかったんですから。

 

ということで、このコラムを読んで急激に英語力がアップするわけではありませんが、ここで紹介している勉強法がみなさんの英語学習の励みになったり、少しでも役立ってくれれば幸いです。

 

またこのコラムは自分の経験に基づいて、完全に主観で書かれたものなので、もっと良いと思う勉強法があればそっちを試してみるのもいいと思います。自分の希望は、どんな形であれ、みんなが英語に興味を持って英語で表現することの楽しさを知り、自分も含め日本人がもっと世界で活躍できるようになることです。

 

というわけで、みんなで世界征服を夢みて、明日からまた勉強を頑張りましょう。

 

 

最後に簡単に【Day4】のまとめをしておきます。

 

POINT
  • 最低限の単語&リスニングと発音が伝わればあとはとにかく実践を積もう
  • ホンモノの英語はネットや本ではなく生きた人間からしか学べない
  • 当ブログの「キラーワード」を使って外国人と仲良くなり英語を教わろう
  • 無課金最ペラ学習法」と「トニーアプローチ」のコンビは最強
  • トニーはアホ

 

 

以上、長い間読み進めていただき、どうもありがとうございました。

またどこかでお会いできることを楽しみにしています。

 

ていうか他の記事も読んでいってください笑

よろしくおなしゃす。

あざした☆

 

番外編

 

当エピソードで登場した謎の男「トニー」のその後が気になる方はこちらからチェック。

www.bigtreeinthehouse.com