Big Tree In The House!

必要ないけど役立つ英語学習のすすめ

変化自在!「お前がいなかったら今のおれはなかった」【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

これまでの人生を振り返って、「あれはデカかったなー」とか、「あれがきっかけであそこに繋がったんだよなー」という、大きなターニングポイントって少なからずあると思います。

 

そして多くの場合、何かしらの助言をくれたり、側で支えてくれたりした誰かの大きな存在があったんじゃないでしょうか?

 

今日は、現在から過去を振り返り、「あの時お前がいなかったら今のおれはなかった」と言いたい時の素敵なキラーワードを紹介したいと思います。このフレーズは応用可能で、基本さえ分かってしまえばいろんなパターンで使うことができるのでかなり便利です。それでは早速見ていきましょう。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

このような名誉ある賞をいただけて、本当に光栄です。みなさんに心から感謝します。

 

ただ、一番の感謝は、私を支え続けてくれたここにいる私の妻に捧げたいと思います。If it weren't for you, I wouldn't be here 

 

POINT

If it weren't for you, I wouldn't be here

(いふぃっわーんふぉゆ、あうんびーひぁ)

 

f:id:bigtree1000:20180330211958j:plain

 

解説

 

少し長いので、2つに分けて考えてみましょう。

 

まずは "If it weren't for you" の部分。

 

先に言ってしまうと、これは「仮定法」という構文でできています。

高校で英語の授業をまじめに受けてた人は、

 

「あーー・・なんかあったような気がするぅ~」

 

とうっすら人もいるはず。一見ちょっとややこしいんですが、基本を理解してしまえばそこまで難しくないので一緒に見ていきましょう。

 

一口に「仮定法」と言っても、実際は、

 

  • 仮定法過去
  • 仮定法過去完了
  • 仮定法未来

 

のようにいろいろな種類があります。このせいで複雑に感じ、高校時代にさじを投げてしまった人もきっといると思いますが、とりあえずは一番の基本となる「仮定法過去」の形を理解してしまえば大丈夫。上の例も「仮定法過去」の構文です。

 

仮定法過去は基本的に、"If~"「もし~」から始まって、その次に過去形の文が続きます。文全体の意味としては、「今の事実とは反対の仮想を表現」することができます。

 

"If" の後を見てみると、"it weren't for you" となっていますね。

まず、"it" は単数形なので、次の "be動詞" は単数形(is, was など)にならなきゃいけないはずですが、ここでは複数形の "were" となっています。この時点で「???」ですね。

 

実はコレ、仮定法特有のルールなんです。

 

仮定法過去で "be動詞" が使われる場合は主語が何であれ、”were” にする。

 

これ、ルールです。

「え、なんで?」って思った人、ごちゃごちゃ言わず自分を納得させましょう笑

ルールですから。

 

その中でも、この "If it weren't for~" の形は一番よく使われるやつなんでもうコレはコレで覚えちゃいましょう。意味は「もし~がいなかったら/なかったら」です。

 

「~」の部分に 「彼女  ("her")、彼 ("him") や〇〇(人/物の名前)」 などを入れることでバリエーションを増やすことが可能です。

 

代名詞の "it" については特に何かを指しているわけではないので、この形で固定です。

 

 

まず "If it weren't for you" の部分はコレでOKですね?

細かいところが気になる人は自分でいろいろ調べてくだぱい。説明しているサイトは無限に見つかります笑

 

はい、そしたら次は後半の "I wouldn't be here" の部分ね。

 

だんだん説明がテキトーになってきましたがお気になさらず笑

 

先に言いますが、こっちはさほどややこしくないです。

 

まずは日本語での仮定表現を考えてみましょう。

「~がなかったら、~してなかった/~だった」というのがよくある仮定表現ですね。この時、後半の「~してなかった/~だったの部分について、英語でも同じように素直に文章をつければいいんです。

 

上の例では「お前がいなかったら、今のおれはなかった」なので、後半部分の「今のおれはなかった」を英語にすればいいだけです。

 

そこで "I wouldn't be here" の方を見てみましょう。

"would" というのは「~だろう」という想像を表すのに使うことができます。この場合は前半の部分で「お前がいなかったら」という仮定の話をしているので繋がりがわかりやすいはずです。それが今回は否定形になっているので「~じゃないだろう」という意味になっているんですね。

 

"I am here"「私はここにいる」に "would" がつくことで "I would be here"「私はここにいるだろう」になり、それを否定形すると、"I wouldn't be here"「私はここにいないだろう」という風に変わっていくイメージです。

 

応用法について 

 

そして、最初に応用可能と言いましたが、それについては "If it weren't for you" や、"I wouldn't be here" のそれぞれ主語と動詞以降を、状況に応じていろいろ入れ替えることで本当にさまざまな表現をすることが可能になります。

 

せっかくなのでちょっと例を見てみますか。

 

If it weren't for Watabe, Kojima couldn't eat
(もしも渡部がいなかったら、児島は喰ってけてなかった)

 

"would" の代わりに "could"("can"「できる」の過去形)が使われていますが考え方は一緒なので大丈夫ですよね。

 

個人的には児島結構好きです笑

 

また、今度はちょっと応用編として、前半部分の "If it weren't for" を一般動詞を使った仮定法にしてみましょう。

 

If Kojima tried to be funny, he wouldn't get no love from everybody
(もし児島が面白くしようと頑張ってたら、みんなから愛されてなかっただろう)

 

これまでの例では、"If it weren't" と「be動詞の否定形」の表現でしたが、ここでは "tried" と「一般動詞の肯定形」になっています。仮定法ではこれもありで、とにかく「現実とは違うこと」を言いたい時には仮定法を使って表すことができるんです。

 

もう一度言いますが、大島はわりと好きですよ。

 

f:id:bigtree1000:20180330210924j:plain

 

とまあ、まとめるとこんな感じです。

 

そして、最初に仮定法には「仮定法過去、仮定法過去完了、仮定法未来」のようにさまざまな種類があると言いましたが、それは現在から見てどの時点での話かによって動詞の「時制」を変化させることによっていろいろな形に自由自在に応用することができる、ということなんです。

 

 

うん。

 

わかるかな?

 

全然わからないか。 

 

・・・仮定法難しいね笑

 

 

と、いうわけで、気になる人は自分でググってくだぱいね笑

今日の説明はここまで!笑

 

ちなみに、「お前がいなかったら今のおれはなかった」というのはこんなシチュエーションでも使うことができるので、良かったらチェックしてみてください。

www.bigtreeinthehouse.com

 

今日はちょっと長くて大変でしたが、要はフレーズで覚えちゃえば大丈夫です笑

それでは今日はこの辺で☆