Big Tree In The House!

必要ないけど役立つ英語学習のすすめ

「そんなこと知るかよ・・」とカッコよく言いたい時【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

先日友人が自分の知識では到底答えを導き出せない理解不能な質問をしてきました。

 

本当に自分が答えを知っていると思ったのか、ただ何も考えずに頭に浮かんだことをふと自分に投げかけてきたのかは謎です。いずれにしても、自分はそんなこと考えたこともありませんし、ハッキリ言って「全く興味がありません。」

 

ということで今日は、相手の質問に対して「そんなこと知るかよ・・」とか、「なんでおれがそんなこと知ってなきゃいけないんだよ」という風にちょっとキレ気味に返答する際に使える便利なキラーワードを紹介したいと思います。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

ヘリウムガスを尻に注入したら屁の音って高くなるの?

 

How the hell am I supposed to know that

 

POINT

How the hell am I supposed to know that

(はだへらまさぽーすとぅのーだっ)

 

f:id:bigtree1000:20180405202223j:plain

 

解説

 

"supposed" 以外はほとんど簡単な単語ばかりですね。

 

"suppose" というのは動詞で、「〜だと思う」という意味です。そして「主語+be動詞+supposed to+動詞の原形」という形で使われることが非常に多く、意味は「主語は〜することになっている」という感じになります。

 

この例では、文頭に "How"「どうやって/なんで」がついて疑問文の形になっているため、その後が "am I supposed to know(知っていることになっている)" と「主語」と「be動詞」が入れ替わっていますね。

 

また、"the hell" についてですが、これは「強調するため」についているので、なくてもオッケーです。ここでは「ちょっとキレ気味に」言いたかったので、"the hell"をつけています。"the fuck" でも同じ意味になるのでお好きな方を使ってください笑☆

 

そして、最後に「何」を知っているのかを指すために "that"「それ」がついている、というわけです。

 

これで、「なんでおれがそれを知っていることになってるんだよ」=「んなこと知るわけねえだろ」というちょいギレ回答が完成です。

 

 

コレ、一度使ってみると結講気持ちいいですよ笑

だいたい返ってくる返答は、「だよねー、ゴメン」になります笑

早速今日から使って見てください。

それでは次回をお楽しみに!☆