おれは必ず「約束は守る男だ」とカッコよく言う【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

みなさんは約束を守らない人をどう思いますか?

 

自分はとてもイラつきます。どんなに些細なことであっても、約束したならちゃんと責任を持つべきだし、できないなら最初から言うなと思います。たまに約束したことすら忘れている人もいますね。それはもう論外です。自分の言ったことすら覚えてないんだから、他人の言うことを誠意を持って聞いてくれているとは思いません。なので、自分はそういう人とは自然とすぅ~・・っと距離を置くようにしています笑

 

逆に、自分が人から「アイツは約束を守らない奴だ」と思われたら嫌なので、どんなに小さなことでも、自分の発言には忠実になるように心がけています。

 

そこで今日は、「アイツは約束を守る男だ」というのを英語で言いたい時に使えるカッコいいキラーワードを紹介します。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

本当にできんのか?

 

心配いらねぇ。I'm a man of my word.  おれはやると言ったことはどんな手を使ってでも必ず成し遂げる

 

いや、ただこれポストに入れるだけだから

 

POINT

man of my word

めぇんのまわーどぅ)

 

f:id:bigtree1000:20180415125739j:plain

 

解説

 

何年か前にスーパーマン系の映画で「Man of Steel」(邦題:マン・オブ・スティール=「鋼鉄の男」)という映画がありましたが、考え方はそれと一緒で、"Man of ~" で、「~の男」という意味になります。

 

なので、ここでは "man of my word" だから、直訳では「私の言葉の男」となります。もともと "of" には前後の言葉の「同格関係を表す」意味があるので、それで考えると "man"="my word" となり、「私」が「私の言葉」と同格つまり、「私は私の言葉に忠実」で、そこから "I'm a man of my word" で、

 

「おれは約束を守る男だ」

 

という風になるんです。

 

ちなみに、「彼は約束を守る男だ」としたければ、"He is a man of his word"、「彼女は約束を守る女だ」としたければ、"She is a woman of her word" というように、主語に合わせて「所有格」("my, his, her" の部分)を変えてあげればオッケー。簡単ですね。

 

 

自分はみんなから「アイツは必ず約束を守る男だ」って思われたいので、少しでもできない可能性があったら絶対に手を挙げません笑。なので結果的に「アイツはめちゃくちゃ消極的な男だ」って思われてるかもしれません笑

 

それでも、「約束を守る男」ステータスを守りたいのです。そういう男なのです。

 

 

以上。

 

ちなみに

 

「約束を守る」というのに近いキラーワードをこちらの記事で紹介しているので良かったら合わせてチェックしてみてください。

www.bigtreeinthehouse.com

 

それではまた☆