【おすすめ英語】かっこいい借金の踏み倒し方をマスターしよう

f:id:bigtree1000:20180601204750j:plain

 

 

あん時の貸し忘れんなよ

 

何のことだっけ?

 

 

自分はこれまでの人生でたくさんの人に迷惑をかけて生きてきました。

そして同時にたくさんの人に助けてもらい、ここまで来ることができました。

 

どこまでですか笑

 

自分を支えてきてくれた人たちには本当に感謝していますし、いつか必ず恩返しをしたいと思っています。決してこのようなパブリックな場で偽善ぶりたいわけではなく、本当に心の底からそう思います。

 

「じゃあ今恩返ししろよ」って思うかもしれませんが、今はまだそのタイミングではないんですよね笑。もっと自分が「ビッグになったら」しようと思っています。いつビッグになれるのかはわかりません。

 

けど、おれはビッグになって今までお世話になった人全員に美味い飯をご馳走し、その席でこれまでの思い出話をたくさんしてやるんだ。って、そんな夢を見たっていいじゃないですか。

 

ということで、今日は英語でおしゃれにかっこよく借金を踏み倒す時に使える「お前に借りなどこれっぽっちもねえ」というフレーズの言い方を紹介したいと思います。

 

矛盾がひどい 

 

で、そんな「お前に借りなどない」ですが、いきなり何て言う?って聞かれても難しいですよね。というのも、普通の人なら借りたものは返すだろうし、借金を踏み倒すなんてこと絶対しないと思うし。なのでよっぽどエクストリームな生き方をしている人でない限りこんなフレーズは考えたこともないと思います。

 

「なら、別に覚えなくていいんじゃない?」って思っていませんか?

でもね、そうじゃないんですよ。「自分のライフはエクストリームじゃないから必要ない」じゃないんですよ。自分が言いたいことは、

 

生きましょうよ。エクストリームなライフを。 

 

ってことなんですよ。

 

泣いても笑っても人生は一度きり。

どうせなら周りの評価を気にせず、自分の実力を信じてやりたいことを思いっきり(合法な範囲で)やりましょうよ!ってことなんですよ。

 

話の流れがよくわかんないです

 

はい。ということで、今日はおすすめの「エクストリームな借金の踏み倒し方」をレクチャーしたいと思います。

 

もうワケわかんないけどとりあえず見てみようー

 

おすすめ英会話表現はコレ

 

 

お前あん時の貸し絶対忘れんなよ

 

あん?何の「貸し」だよ。I don’t owe you a god damn thing

 

 

POINT

"I don’t owe you a god damn thing"

(あどんおぅゆぅぁでぇてぃんぐ)

 

f:id:bigtree1000:20180421204613j:plain

 

マスター英語解説

 

先に言っておきますが私はこんなこと言いませんよ笑

 

今日のツボ

今日のポイントは"owe"という動詞の使い方と「これっぽっちも」という部分をどう表現するかということですね。それぞれ解説していきますので見てみましょう。

 

動詞"owe"の使い方

まず、「借りがある」という表現のベースは、"owe+人+物"という順番で表し、これで、「人 に 物 の借りがある」とか、「返済の義務を負っている」という意味になります。

1つ注意すべき点としては、ここで言う「物」というのはいわゆる「お金」や「」のことであり、その他一般の「モノ」を借りるというのは"borrow"を使うのでちょっと覚えておきましょう。

POINT
  • 「人に借りがある」は"owe+人+物"が基本の形。
  • ここで言う「物」は「お金」や「」のことであり、その他の「モノ」は"borrow"を使う。

 

 「これっぽっちも」という意味の作り方

そして、「これっぽっちも」や「何一つ」という表現についてですが、上の例では、"owe+人+物"の「物」の部分に"a god damn thing"が入っていますね。

"god damn"というのは単体で、「ちくしょう」とか「くそっ!」という意味で使われたりしますが、ここでの働きは“thing”「モノ」を強調するためで、"a god damn thing"のかたまりで「たった一つのもの」くらいの感じです。

POINT

"god damn"は単体で「ちくしょう」や「くそっ!」という意味になったり、名詞や形容詞、副詞の前に入りそれらを修飾する働きがある。

例:He is a god damn fool.(アイツは超どアホだ)

 

なので、"I don't owe you"「あなたに借りがない」+"a god damn thing"「たった一つのもの」=

 

お前に借りなどたったこれっぽっちもねえわ!

 

という表現が完成します。

 

わーい笑 

 

そして今日はこの"a gad damn thing"の部分がポイントで、日常会話ではここに様々な表現を入れることで、同じ意味ですがたくさんのレパートリーを増やすことが可能です。せっかくなのでいくつかのよく使うバージョンを一緒に見てみましょう。

 

POINT

"I don’t owe you a thing"

"a god damn"がないバージョンで、ニュアンス的には少し柔らかい表現になります。"a thing"は「1つのもの」なので、直訳すると「1つのものも借りがない」という感じです。

 

POINT

"I don’t owe you a dime"

"dime"は10セント硬貨の通称で「10セントすら」というニュアンス。

 

POINT

"I don’t owe you jack"

ちょっと古いですが"jack"はスラングで「モノ」。

 

POINT

"I don’t owe you shit"

"shit"=「くそ」ですが、「くそみたいな物すら」というニュアンス。

 

コレ全部同じ意味です笑

他にもいろいろあると思いますが、とりあえず"I don’t owe you…"ときたら「借りはねぇ」というくらいに思っていいと思います。簡単ですね。

これ全部覚えたらあなたも立派な借金踏み倒しマスターになれます。

 

 

ということで、本当に、本当にお世話になった人たちにはいつか恩返しがしたいですね。特大の恩返しができるように日々精進していこうと思うので、これからも支えていただけると幸いです笑

 

ところで早く授業料払ってください。

 

え?・・あ、I don't owe you a god・・ぅぶぉへぁっ!・・・は・・払いますスイマセン・・。

 

それではまた☆