日本語の「まじで」に一番近いのはおそらくコレ【今日の英語】

最近ふと日本語の「まじで」に一番近い英語って何だろうなーと考えてみました。

 

自分は現在、通訳・翻訳を本職として、海外・国内で活動をしていますが、通訳・翻訳って意外と奥が深くて、全く言葉の通じない人たちの間に立って発言者の意図や感情までをも上手く他言語に訳すとなると、辞書上での意味だけにとらわれず、前後の文脈や言い方の抑揚、間の取り方なんかを意識しながら、時にはスラングなんかも交えたりしつつ発言者の言葉を正確に伝えるスキルが求められます。

 

なので、「まじで」に一番近い英語と言っても、場面によってニュアンスが変わってしまったりするので一概には言えませんが、その中で一番「まじで」に近い言葉ってなんだろうと自分なりに考えてみました。 

 

きっと、「まじで」の英語訳と聞いて多くの人がまず "really" を思い浮かべたんじゃないでしょうか。でも "really" はよく「本当」と訳されるように、自分の中ではちょっとイメージが違うんですよね(疑問形でも「まじで?」というよりは「本当?」というイメージ)。

また、少しボキャブラリーが豊富な人は "seriously" という言葉を知ってると思いますが、これも相当いいとこまで来てるとは思うんですがやっぱりちょっと違うんですよ。ていうか長いし笑。なので「まじで」ほどの "お手軽感" がないんでボツですね(あくまでも自分のイメージの中での話ですが笑)。

 

ということでアレコレいろいろ考えた挙句、これならどんな場面でも「まじで」というニュアンスでいけるだろう、という結論に至った言葉があるので今日はそれを紹介したいと思います。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

This is the best sushi restaurant in the world, fo'real
(ここ世界一美味い寿司屋だわまじで)

 

POINT

Fo'real

(ふぉりぃう)

 

f:id:bigtree1000:20180427193403j:plain

 

解説

 

はい。コレです。

 

もともとは "for real" ですが、スラングの表現では "fo'real" とか "foreal" とか表記されることが多いです。意味はそのままなので特に説明することはありませんが、自分的にはコレが一般的な文中での「まじで」、あいづちでの「まじで」、そして疑問形での「まじで?」のどれにもしっくりハマっていい感じです。

上では一般的な「まじで」の使い方の例を見ましたが、せっかくなのであいづちと疑問形での使い方の例も見てみましょう。

 

残業代もどうせ出ねぇのになんでこんな仕事しなきゃいけねんだよ

 

Fo'real

 

 

とか、 

 

 

頑張ったらご褒美あげるね

 

Fo'real?

 

 

 という感じです笑

なかなかいい感じですね。

 

 

ってことで日本語の「まじで」に一番近いのは "fo'real" に決定しました笑

他に何かよさげな表現があったら教えてください。

 

それではまた☆