困難に直面した時のかっこいい英語の「やるしかない」の言い方

先輩コレどう考えても無理じゃないですか?

簡単に諦めずによく考えろ。必ず何か方法はあるはずだ・・・

こんにちは!

諦めてはいけないとわかっていても、心の中では「どんなに頑張っても正直これは絶対に無理だろう」と思ってしまうことってありますよね。

周りからは「必ずやり方はあるはずだ」、みたいなことは言われるけど、「そもそも会社の体質として40年以上同じ問題を抱え続けてるのになんでここへきて入社3年目のおれにやらせようとするわけ?」みたいな状況、あなたもきっと経験したことがあるはずです笑

ええ、ありますね笑

とは言っても、やはり周りが真剣に取り組んでいる以上、あなたがここで簡単にさじを投げるわけにはいきませんよね。

あなたが最初から諦めたような発言をしてしまうとチーム全体の士気を下げかねませんし、何よりあなたの会社での評価に直結します。

なので、ビジネスマンである以上、どんなに困難な状況であっても出来る限りのベストを尽くすほかありません。

ということで、今日は非常に追い込まれた状況で勝機は少ないけど、それでも「やるしかないんだ」とかっこよく言いたい時のフレーズを紹介したいと思います。

それでは早速一緒に見てみましょう。

おすすめの英会話表現はコレ

でもやっぱりどう考えても無理ですよ・・・。やるだけ無駄じゃないかなぁ・・・

無理なのはわかってる。けどな、Ain’t nothing to it but to do it

“ain’t nothing to it but to do it”

ぃんってぃんとぅーぃっとぅぅーいっ)

徹底解説

はい、一見どうなっているのかちょっとよくわからない表現ですよね。

今日のポイントはズバリ、“ain’t”という単語と、学校できっと習った「not A but B構文」についてです。下で詳しく説明していくので一緒に見ていきましょう。

“ain’t”について

まずは頭にきている”ain’t”という単語について解説していきましょう。

この“ain’t”という単語は、実は非常に便利なスラング表現で、これ1つでbe動詞の否定形(“am not, isn’t, aren’t, wasn’t, weren’t”など)や、一般動詞の否定形(“don’t, doesn’t, didn’t”など)や、さらにはその他助動詞の否定形(“haven’t, hasn’t”)まで表現できてしまうという優れものです。

例:

“You ain’t my boss” (“aren’t”の略)

(あんたはおれの上司じゃねえ)

 

“I ain’t got no job” (“haven’t”の略)

(仕事がない) 

ここでは、実は”ain’t”の前に“there”が省略されていて、実際のところは“there ain’t~(”isn’t”)”「〜がない」という形になっているんですが、日常会話において主語が省略されることは良くあることです。

MEMO

“there is/are~”「〜がある」は日常会話でも本当によく使われる基本中の基本表現ですね。be動詞の形を変化させることでさまざまな意味を表すことができます。

例:

“There isn’t my laptop on the desk” (否定形)

(デスクの上におれのパソコンがない)

 

“There was an accident at the station…” (過去形)

(駅で人身事故がありまして・・・)

 

“There will be a huge meteorite fall on our building next week” (未来形)

(私たちのビルに来週巨大な隕石が降ってくるでしょう)

例文から働きたくないという意思がひしひしと伝わってきます笑

not A but B構文について

次に今回の表現のキモとなる、「not A but B構文」という形の構文について見ていきましょう。

こちらの構文はおそらくあなたが中学生の時に習ったはずで、「AではなくB」という意味になります。

今日のフレーズをこの構文に当てはめてみると、

  • “not” : “ain’t”
  • “A” : “nothing to it”
  • “but” : “but”
  • “B” : “to do it”

という風になり、「“nothing to it”ではなく“to do it”」という意味になります。

そこで、”nothing to it”と”to do it”の意味を考えてみると、

  • “nothing to it”:「それに対して何もない」
  • “to do it”:「それをやること」

という感じになるので、それらを繋げると「それに対して何もない、ではなくやること」となり、ちょっと整えると、

“ain’t nothing to it but to do it”

ぃんってぃんとぅーぃっとぅぅーいっ)

「やるしかないっしょ」

となるんです。

まさに追い込まれた状況でみんなが下を向いている時にあなたがバシッとこれを決められたらかっこいいですね。

その他の似ている表現

また、似たような状況で使える表現は次のようなものもあるので是非一緒に覚えておきましょう。

“we gotta do what we gotta do”

(おれたちはおれたちがすべきことをやるだけだ)

*gotta = got toで、”have to”「しなければならない」と同じニュアンスになります。

 

“it is what it is”

(そういうもんさ)

上の命令なんだからしょうがないだろう、という半ば諦めの表現ですね。

(このフレーズに関してはこちらで詳しく解説しています)

友達がフラれた時に英語で慰めてあげよう、「これが現実だよ」って

 

“we ain’t got no choice”

(おれたちに選択肢はない)

こちらも他にどうしようもないという諦めが伝わってきます。

という感じになります。

あなたが次に会社で困難な状況に追い込まれたら是非使ってみてくださいね。

ということで今日は英語でかっこよく「やるしかない」と言いたい時の表現を紹介しました。次のおしゃれな一言エピソードもお楽しみに。また、その他の表現もよかったらチェックしてみてくださいね。

それではまた。