【おすすめ英語】調子にのり過ぎてる人に「いい加減にしろよ!」

 

ちょ、やめろよぉ~

 

いいじゃん いいじゃん

 

 

自分は結構すぐ調子にのるタイプです。

 

相手が「イヤ」と言ったことでも、「イヤと言いつつホントはちょっといいと思ってるんだろ?」と勝手に勘違いしやり続け、相手が困る姿を見ると興奮しさらにエスカレートした結果、最終的に「いい加減にして」と本気で怒られる、ということがよくあります笑

 

一番たちが悪いタイプの人ですね 

 

 許容範囲の限界とやりすぎの境目って見極めるのが結構難しくて、見定めを誤ってついつい一線を越えてしまうんですよね。

 

 最初から限界に挑戦しなければいいのかと 

 

なので、今日は相手が調子にのり過ぎて一線を越えてきた時に使える「いい加減にしろ!」ときつく言うフレーズを紹介したいと思うんですが、どんな風に言ったらいいと思いますか?

 

えーと、普通に“No!”とか“Stop!”とかじゃダメですかね?

 

いえ、ダメではありませんよ。シンプルでいいと思います。

あとはシンプルなやつで言うと、“Enough!”とか“Don’t!”とかでもいいと思います。

POINT

シンプルな「やめろ」という表現

  • “No!”「だめ!」
  • “Stop!”「やめろ!」
  • “Enough!”「もう十分だ!」
  • “Don’t!”「やるな!」

 

でも、今日紹介するフレーズはもっと強くやめてと言いたい時に使える表現です。“Stop!”“Don’t!”なんかよりももっと厳しいイメージで、「いい加減にしろコノヤロウ!」とピシャリと言い放ちたい時に使えるおすすめなキラーワードです。

 

ということで早速見てみましょう。

 

おすすめ英会話表現はコレ

 

 

◯◯君て優しそうだよね! 

 

いや、コイツはホントにただのサイコパスだよ。高校の理科の実験でネズミの解剖やった時「ヒャッホーウ!」って言いながらやらなくていいところまで解剖してたし

 

いやいやいやいや

 

そうそう、あと中学で理科室の金魚の水槽に薬物入れてめちゃくちゃ怒られてたし

 

いやいやいや、ちょ、ねぇ本気にしないでよ?

 

あと小学生の頃夏休みうさぎの飼育当番だった時もけっきょ・・・

 

もういいよコノヤロウ!knock it off!!!

 

・・・。

 

 

POINT

“knock it off”

っきぅふ)

 

マスター英語解説

 

完全なるサイコパスですね笑

言うまでもありませんが、これはもちろん私のことではありませんよ。

 

今日のツボ

今日のポイントはズバリ、”knock”の持つ意味と、このフレーズを使うタイミングです。下で細かく解説していくので一緒に見ていきましょう。

また、後半では似たような表現も紹介したいと思います。

 

“knock it off”の意味について

“knock” というのは「強く打つ」という意味ですね。野球のノックもドアのノックもこの単語からきています。イメージは激しく「バシッ」と打ち付ける感じです。

“it”は「それ」ですが、ここでは当然「調子にのっている相手がしていること」を指しています。

“off”はオン/オフの「オフ」ですから「消す」というイメージで考えるとわかりやすいかもしれません。

 

これらを並べると、「調子にのってやっていること」を「バシッ」と「消す」という意味になり、命令文なので命令形の形にすると、

 

いい加減にしろよぉ!

 

という感じになります。

 

どんなタイミングで使うか

このフレーズを効果的に使うタイミングですが、”knock it off”はかなりインパクトが強い表現なので、まず最初は “Stop!”とか”Enough!”などから始め、それでも相手がなかなかやめようとしなかったら、

 

やめろよこのボケがあぁ!!

 

という感じで使うといいと思います。

 

「ボケ」はちょっと意味が違ってくると思うんですけど・・笑

 

ただ、最初の”Stop!”や”Enough!”の時点で相手にやめてもらっては“knock it off”が使えなくなってしまうので、その辺は上手くバランスを見極めて、最初はあくまでもちょっとヘラヘラしながら、「やめろよぉ~」みたいな感じから始め、相手がだんだんエスカレートしてきたところで、

 

やめろっつってんだろがこのクソメガネぇぇ!!!!

 

 という風にするのがいいかもしれません。

 

自分は何もやってません

 

 

はい。そしてこのフレーズをマスターしたら、今日は特別にもう1つの「いい加減にしろ」という表現も紹介したいと思います。

こちらも日常会話でよく使われるのでダブルでマスターしちゃいましょう。

 

「いい加減にしろ」pt.2

 

 

あとさ、コイツ高校の時好きだった子のジャージを毎日放課後ロッカーから出して「フェロモンを染み込ませてサブリミナル効果で好きにさせる」とか言って生身で着てからきれいにたたんでまたロッカーに戻してたからね

 

ちょ、お前それは・・・

 

あと中学の時好きだった子の修学旅行の写真の顔の部分を切り抜いてグラビア写真に貼り合わせて毎日その子の机の中に入れてたよね

 

そ、そんなことするわけないだろ、お前らちょっといいかげ・・

 

あ、あと小学生の時校庭で好きな子がうんていをしてた時下から・・・

 

お前らちょっとお喋りが過ぎるんだよ Cut the sh*t out!!!!

 

・・・。

 

 

POINT

“cut it out”

ぅっ)

 

マスター英語解説

 

さすがにちょっとお喋りが過ぎちゃいましたね笑

一応念のため、これは断じて私ではありません。

 

“cut it out”の意味

“cut”は「サッと切る」

“it”は「それ」(ここでは「調子にのっている相手がしていること」)

“out”は「無くす」

という意味ですね。

“out”は「外へ」というイメージが強いかもしれませんが、実際はものすごくいろんな意味がある言葉で、その中には「無くす」という意味もあります。(「品切れ」という意味で”sold out“を使ったりしますよね)

 

なのでこれらを並べると、「調子にのってやっていること」を「サッ」と「無くす」という意味になり、まあ要するに、

 

いい加減にしろよぉ!

 

と、”knock it off”と同じ感じになります。

 

全体の語順についても“knock it off”と一緒なので理解しやすいですね。

 

“knock it off”、”cut it out”をさらに強く

ただ、よく見ると上の例では実際は”cut it out”ではなく“cut the sh*t out”となっていますよね。これは、「調子にのった友達が”knock it off”でもふざけるのをやめなかったため、最終手段に出た」ということになります笑

 

このように”it”の代わりに”the sh*t”を使うことで「超最強のいい加減にしろ」を作ることも可能です。いざという時のために覚えておくといいかもしれません。

 

これを使う状況というのは想像したくないですね

 

ということで今日紹介した「やめて」という表現をインパクトの弱い順に並べると、

POINT

(インパクト

“No!”「だめ」、“Stop!”「やめろ」、“Enough!”「もう十分だ」、“Don’t!”「やるな」

(インパクト

“Knock it off!”“Cut it out!”「いい加減にしろ!」

(インパクト超特大

“Knock the sh*t off!!”“Cut the sh*t out!!”「(超最強の)いい加減にしろ!!」

という感じになります。

 

どうですか?決して難しくありませんね。

 

はい。ということで今日はちょっと荒々しい表現が飛び交いましたが、実際日常会話ではどれもかなり使う表現なので、しっかりマスターしておきましょう。

 

学生の時のエピソード本当のことなんですか?小学生の時うんていをしてた子に下から一体何をしたんで・・

 

だからおれのことじゃねえっつってんだろがこのクソファッ◯ンドエロメガネがぁぁっ!!!!!

 

・・・ハァ・・・ハァ・・・すみません。

 

・・・。

 

ちなみに上の合コンネタ、こちらの記事でもやってるので良かったらチェックしてみてください笑

www.bigtreeinthehouse.com

 

それではまた☆