女性をその気にさせるための面白いアダルト英語10選「テキスト編」

まず初めに、この記事には未成年には少々刺激的な表現がたくさん含まれています。あなたがもし未成年の場合には、あ、この記事には未成年には少々刺激的な表現がたくさん含まれているんだ、ということを理解した上でお楽しみください。


こんにちは!通訳/ストリート英会話・発音矯正講師のbigtree(@bigtree1000)です。

(僕が実践した「3ヶ月で確実に自信がつく効率的で簡単な勉強方法の全て」はこちら)

動画で晒します。通訳の僕の英会話力と独学・最短で結果を出す5つの本気勉強法

好きな子とメールをしている時のワクワク感ってたまらないですよね。

携帯が振動するたびに画面を確認してしまったり、わりといいテンポでやり取りしてたのに急に返信が来なくなるとすごい不安になったり。逆にいいところで敢えて間を空けて焦らし効果を最大限引き出したり、お年頃のお兄さんって、実は女子に負けないくらいの乙女なんですよね笑

僕自身も高校生くらいの時は好きな子からのメールは通知の光の色を変えたり(当時はガラケー)、着信音を個別に設定したりと、いろいろ細かい小細工をしていたのは今となっては良い思い出です。

当時は「既読スルー」「アカウントブロック」みたいな概念もなかったので今よりだいぶ平和なイメージでしたね。

チャットアプリもほとんどなかったですしね。時代は変わりましたね

さて、そんな今日のトピックは「ちょっとエッチな面白いテキストメッセージ」です。

テキストの良いところは、普段勇気が無くて顔を見て言えないことも、文字であれば簡単に言えてしまうということ。また、リアルタイムのやりとりではなかなかタイミングよく面白いことを言えないけど、自分のタイミングで送信できるテキストメッセージなら、きちんと言いたいことを整理してから発言することができますよね。

今日は彼女とのやりとりや、仲の良い異性でお互い気になっているけどなかなか本当の気持ちを伝えられない人に、思い切って送ると新たな展開が期待できそうな「アダルトでユーモアに溢れたテキストメッセージ」を紹介したいと思います。

気になる外国人に送ってもいいし、日本人の女の子に送って「え、何コレどういう意味~?」という展開になってから楽しむのも良し。あなたのイマジネーションをフル回転させ充実した人生を送ってください笑

1つ注意して欲しいのは、これらのテキストをいきなり送らないようにしてほしいということです。

気になる人がいるからと、これから紹介するメッセージを何の前触れもなくいきなり送ってしまうと、その瞬間に関係は終わってしまいます笑

必殺のエロフレーズは股間で温めつつ、絶妙なタイミングで使いましょう。それでは早速見ていきたいと思います。

エロ面白いアダルト英語のテキストメッセージ

“send me ur naked pictures when u get home so I know ur safe”

*u = you、ur = yourもしくはyou’re

(無事帰れたってわかるように家についたら裸の写真送ってください)

まずはこちら。いいですねぇ、ついニヤリとしてしまいます。

「家着いたら連絡してね」というのに1つユーモアを効かせたワンランク上のメッセージですね笑

女性側は「こいつアホか笑」と思いつつもついクスッとしてしまいそうです。やりすぎていない絶妙なバランスがいい感じの一言だと思います。

完全に解説者ですね笑


“u wanna come over, and maybe come, over and over?”

(ウチ来る?そして何度も何度も、イク?)

おっと、早くも飛ばしてきましたね。

“come over”「(家や場所に)行く」と、“come”「イク」と、“over and over”「何度も何度も」を上手いこと掛け合わせた見事な言葉遊びです。

女性側は「行かんわ、アホか笑」と言いつつも結局イってしまいそうです。

MEMO

英語で「イク」を表すのは“come”“cum”の2つがあります。

まぶしい青春の一コマですね・・・


“I’m not putting on any socks. and I’m wearing the underwear to match”

(今くつしたを履いてません。そしてそれと同じパンツを履いています)

“match”は「柄などを合わせる」という意味がありますね。

ここではくつしたを履いていない=「透明のくつした」を履いている、ということから、それと同じく「透明のパンツ」を履いている=「パンツ履いてません」ということになりますね。

何の報告ですかね?

ええ、正直女性側からこれが送られてきたら興奮するんですけどね、男から送られてきても「ああ、そうなんだ。パンツ履けば?」となってしまいそうですが、実はこういうどうでもいいやり取りが楽しかったりするんですよね。


“pls take off ur panties and send em to me by express so I don’t feel alone”

*pls = please

(僕が孤独にならなくて済むようにパンツを脱いで速達で送ってください)

これも99%実現しなさそうですがユーモアがあってなかなか面白い一言だと思います。

「〜で」という風に「手段」を述べる場合には英語ではこの”by”を使いますね。

<例>

“by air”「空輸で」

“by ship”「船便で」(“by sea”とも言います)

“by myself”「自分で」など


“your absence is mightier to me than the presence of thousands of other ppl”

*ppl = people

(僕にとって君がいないことは他の何千の人がいることよりも重大だよ)

これはなかなかロマンチックな一言ですね。

“absence”「不在」と“presence”「存在」、そして“you”「あなた」と“thousands of people”「何千もの人々」を上手く対比させ、あなたの存在を際立たせています。

ココ重要

“mightier”は”mighty”「強力な」という形容詞の「比較級」で、“A” is 〜 than “B”という比較級表現になっていますね。(〜の部分に形容詞や副詞の比較級が入る)


“I did’t even know I could want someone this badly”

(誰かのことをこんなに欲しがるとは思ってなかった)

これもストレートに気持ちを表現したロマンチックな一言です。

「思ってなかった」と過去形になっているため”I didn’t know”と過去形になっていて、その後の“could”(”can”の過去形)も時制の一致で過去形になっていますね。

ココ重要

ここでの”this”は「これ」ではなく、数量や程度を表す形容詞や副詞と共に使われ、「こんなにも」という意味になります。

この”this”の使い方は口語表現ではとてもよく使われるので是非覚えておきましょう。

<例>

“It doesn’t take this long”(普段はこんなに長くかからない)

 

“I haven’t seen this many roses!”(こんなにたくさんのバラ見たことない!)


“I’m not gonna lie, I’m picturing u naked rn”

*rn = right now

(正直に言うよ、僕は今君の裸を想像してる)

これもかなりストレートですがバカ正直すぎますね笑

声の良い声優さんを起用してアフレコとかで使ったら面白そうなセリフです。

いいですね笑

MEMO

“picture”は名詞だと「写真」ですが、動詞で「イメージを想像する」という意味もあります。

個人的には「アホか何言ってんの?」と言われるこのくらいのバカさ加減が大好きです。


“could u stop sending me your naked img to my head every time u txt me?”

*img = image、txt = text

(僕にテキストを送る時に毎回僕の頭に君の裸のイメージを送るのやめてもらっていいですか?)

これもアホですね笑

「何バカなこと言ってんの?」ってなること必至ですが、彼女の照れてるところを想像するとそれがまたたまらないですね笑

ココ重要

“stop”「止める」と“start”「始める」ですが、直後の動詞を「動名詞」“~ing”にするか「不定詞」“to+原形”にするかで意味が変わってくるので注意しましょう。

<例>

「動名詞」: “stop sending texts”(テキストを送ることを止める)

「不定詞」: “stop to send a text”(テキストを送るために立ち止まる)

“~ing”にするか“to+原形”にするかでこんなにも意味が変わってしまうんですね


“I’m jerking off in the bathroom in my office while I’m texting”

(今テキスト打ちながらオフィスのトイレでオ◯ニーしてます)

*jerk off=オ◯ニーする

最低ですね笑

送られた方は間違いなくドン引きするでしょう。でも、逆にこれくらいの内容を送れるような仲であればあなたたちは既にかなり良い関係にあると言えるでしょう。

脳と右手と左手をフル稼働させてますね


“suck it up baby”

(しゃぶっておくれよ〜)

“sorry. my dick sent the msg while I was jerking off”

*msg = message

(すみません。オ◯ニーしてる間に僕のムスコが勝手に送ってました)

はい、そして最後はコチラです。

卑猥なテキストを送ったことをムスコのせいにしていますね。これもなかなかきわどいジョークですが、これを送れるのであれば、あなたは既にゴール手前の最終コーナーまで差し掛かっています。

あとはタイミングを見計らいつつ、直接面と向かって“suck it up”と言ってみましょう笑

成功すれば見事ゴールインですね

アダルト英語まとめ

はい、ということで10個一気に見てきましたがいかがっだったでしょうか?

本当に男というのはしょうもない生き物ですね。でも、本来男と女の求めているものは一緒のはずです。違いはそれを直接表現するかしないかということ。

女性の方からこういう恥ずかしいことを言わせるのはやはりかなりハードルが高いので、ここは男性諸君が頑張ってユーモアのあるジョークで女性の緊張をほぐし、お互いの距離を縮めていくのが理想的ですね。

もはや言うまでもないことですが、中にはこういったジョークを毛嫌いし、不快に思うタイプの女性もいるので、あなたがこれらのフレーズを使って気になる女性を笑わせようとしているなら、本当に言っても大丈夫かはしっかり吟味しましょう。

ということで、今日は「ちょっとエッチで面白いアダルトなテキストメッセージ」というのを紹介しました。

ちなみに、気になる女性に直接言いたい「ちょっとエッチで面白いアダルトな押しの一手」というのをこちらで紹介しているので良かったら合わせてチェックしてみてください。

女性をその気にさせる面白いアダルト英語10選「押しの一手編」

そしてその先にあるゴールが見えてきたら、こちらの記事で紹介している「セックス前の2人の緊張をほぐす面白いベッドトーク」をマスターしましょう。

セックス前の緊張をほぐすエッチで面白い英語のベッドトーク10選

あなたの想像力とセンスを最大限発揮して充実したハッピーライフを送ってくださいね。

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!