「See you」ではつまらない!別れ際で魅せる英語のかっこいい一言

お、やばいそろそろ終電の時間だ
え、もうこんな時間か


こんにちは!

普段あんまり意識することはないかもしれませんが、「別れ際の一言」って個人的には結構面白いんじゃないかって思っています。

何も考えていないと「またね」って言って終わりだと思うんですけど、僕はあの一瞬が、相手に自分を印象付ける最後のチャンスだと思うんですよ。

普通だったら「じゃあまた」と言って何事もなかったかのように疎遠になっていく人間関係も、最後に相手の心に何かインパクトを残すことによって、相手に「また会いたいな」と思ってもらえる、なんてこともあると思います。

なるほど、確かにありそうですね

日本人はどちらかと言うと別れ際の一言よりも、そこまでの過程で感謝の気持ちや、とても楽しかったという感想をきちんと伝える、というところを重要視していて、別れる際はシンプルに「では」みたいな感じで終わるのが一般的だと思います。

一方で、英語では「またね」の言い方にも”Bye”や”See you”以外でさまざまなバリエーションがあって、中には個性的なものもたくさんあります。

なので今日は、そんな一言で相手にインパクトを残すことができる僕のおすすめの素敵な「別れ際一言」というのを紹介したいと思います。

早速一緒にチェックしていきましょう。

おすすめ英会話表現はコレ

いやー今日は会えて良かったよ
いやホントに。お前の方こそ元気そうで何よりだよ。また近々飲もうぜ!

そうだな!I’ll catch you on the rebound
オッケー。One

 “I’ll catch you on the rebound”

ぃぅきゃっちゅおんだぅりぃーぅん)

 “one”

ん)

徹底解説

今回は豪華2本立てです笑

MEMO

どちらもアメリカのストリートで使われている別れ際の一言で、それぞれフレーズの裏にはきちんと意味があり、その意味を一緒に理解してしまえばきっと簡単に覚えられると思います。

それぞれ下で詳しく解説していきましょう。

catch you on the rebound

まずは1つ目の”catch you on the rebound”についてですが、”catch you”で「あなたをつかまえる」、”on the rebound”は「リバウンドで」という意味なので、「リバウンドであなたをつかまえる」という意味になります。

ですが、これではちょっとよくわかりませんね。なのでここはイメージで考えてみましょう。

「リバウンド」というのは、ご存じバスケのリバウンドのことです。

つまり、ここではボールがボードやリングに当たって跳ね返ってきたところをキャッチするというイメージを、自分と相手に例えて使っているんですね。

この場合、自分と相手のどっちがボールでどっちがボードかというのは大きな問題ではなく、ボールが一度離れて(別れて)、もう一度キャッチする(会う)ということから、「一度離れてまた会う」というイメージです。

そこに未来や意志を表現する”I will”をつけて、ニュアンスとしては、

 “I’ll catch you on the rebound”

ぃぅきゃっちゅおんだぅりぃーぅん)

「また連絡するよ」

という感じに仕上がるんです。

どうです?ストリートっぽいおしゃれな言い方じゃないですか?

確かにかっこいいですね

“one”

そして次の”one”についてですが、これは実は“one love”の略になっていて、直訳すると「1つの愛」ですが、ストリートスラングでは「またな」という意味で使われています。

ではなんで”one love”が「またな」なのか。 実はその背景にあるのはレゲエカルチャーなんです。

“one love”というフレーズはレゲエが好きな人ならみんな知っている言葉(ボブ・マーリーの同名曲は有名ですね)で、

  • 「人種や肌の色を超えた人類愛」
  • 「一つの愛(心)で世界は良くなる」
  • 「Love & Peace」

のようないろんな意味合いを併せ持っています。

人によって解釈はさまざまですが、要するに相手へのケアと親しみを込めて”one love”が別れ際のあいさつとして使われるようになり、そしてそれがやがて省略され、

 “one”

ん)

「またな」

というスラングとして定着していったという感じです。

こちらも個人的にはかなり好きな表現です。

なるほど、裏にはそんな壮大なストーリーが込められていたんですね

かっこいい使い方のポイント

これらのフレーズをかっこよく使うための重要なポイントは、「別れ際や電話を切る前のホントに最後の最後のタイミングで使う」ということで、”I’ll catch you on the rebound”や”One”があなたが最後に発する言葉となるように、それまでに必要なことは全て言っておきましょう笑。

クールにキメた後に「あ、そういえば・・」ってなったらかっこ悪いですもんね笑

MEMO

ちなみにもし相手が先に”One”と言ってきた時の回答としては、こちらも”One”と返せば問題ありません。

これで相手はきっと「コイツかっこいいな。また会ってみたいな」となると思います。表情はクールを装っていても内心絶対そう思っていると思います。

すごい自信ですね笑

別れ際のフレーズまとめ 

ちなみに、今回紹介したかっこいい一言以外にも、こちらでアメリカのストリートで使われている別れ際の一言をまとめているので良かったら是非チェックみてください。きっと使ってみたくなるお気に入りの一言が見つかるはずです。

アメリカ発!ストリート英語の別れ際のかっこいい挨拶5選

ということで、今日は別れ際に使える2つのかっこいい決めゼリフを紹介しました。早速今日から使ってみてくださいね。

きっと、かっこよすぎるので「え?何それかっこいいんだけど、どういう意味?」と聞かれ、説明しているうちに終電を逃すことになるでしょう笑

それではまた。“One”