アメリカで使われてる「お金」にまつわるスラングまとめ20選!

こんにちは!

あなたはアメリカにはお金を意味するたくさんの言葉があるのを知っていますか?

お金のニックネームというと、中にはアメリカの硬貨についているそれぞれの通称をイメージする人もいるかもしれません。

日本円では、100円玉は「百円」で1,000円札は「千円」のように、それぞれの硬貨/紙幣に他の呼び名はないので、私たち日本人にとっては「お金のニックネーム」という概念自体が新鮮ですよね。まぁ、しいて言えば「諭吉さん」というのはありますが笑

いつもお世話になっています笑

でも、アメリカは違います。

旅行や留学などで行ったことがある人ならば知っている人も多いと思いますが、アメリカの硬貨には1セントから1ドル硬貨まで次のようなニックネームがついています。

  • 1セント=Penny(ペニー)
  • 5セント=Nickel(ニッケル)
  • 10セント=Dime(ダイム)
  • 25セント=Quarter(クウォーター)
  • 50セント=Half(ハーフ)
  • 1ドル(硬貨)=Dollar Coin/ Golden Dollar(ダラーコイン/ゴールデンダラー)

1ドルは “bill”(紙幣)が一般的ですが “coin”(硬貨)もあるんですね。シルバーとゴールドがありますが、ゴールドは日本の新500円玉(もはや全く新ではないですね)みたいに金色に輝いていて重みがあるので、たまにおつりをコインでもらうとなんだか得した気分になります。

またクウォーターについては、アメリカの各50州(+α)それぞれのデザインのバージョンがあって結構集めてる人コレクターも多いんですよね。僕も昔コレクションしてましたが、結局コンプリートできず挫折しました。

f:id:bigtree1000:20171202153504j:plain

ただ、実は今日のトピックはこれらの各硬貨のニックネームではなく、アメリカの「お金そのもの」についてのさまざまな呼び名についてです。

お金=”money”ですが、実は英語には”money”を意味するさまざまなスラングが存在します。

例えば5ドルのことを“5 bucks(バックス)”と言ったりするのを聞いたことがある人も多いと思いますが、実はあれも一般的に使われていますが一応スラングの1つなんですよ。

実際よく調べてみると、”bucks”のように普段使われるものから、「これは聞いたことないし使ってる人はほとんどいないだろうというものまで、アメリカにはものすごい数のお金にまつわるスラングがあるんです。

その中で、今日は日常的にアメリカのストリートで実際に使われているものを中心に20個厳選して紹介していきたいと思います。中にはその由来を聞いてニヤリとしてしまうような面白いものもあったりするのでお楽しみに。

どんなのが出てくるのか楽しみです

それでは一緒に見ていきましょう。

アメリカで使われるお金のスラングたち

(アルファベット順)

bacon

まず最初のエントリーはこちらです。

このスラングは“Bring home the bacon”(家にベーコンを持って帰る=成功する)という古いフレーズに由来しています。

このフレーズ自体は “Dunmow Flitch”という「昔イギリスの小さな村でとても献身的な夫婦に対して君主からベーコンの切れ端が与えられたストーリー」に基づいていると言われていますが、実際には「厚いベーコンの塊のような札束」という認識が浸透しています。

例:

“I got a lot of bacon”

(金なら大量にあるぜ)

Benjamin

みなさんご存知のBenjamin Franklin(アメリカの政治家でハゲてるロン毛のおじさん)のことです。由来は100ドル紙幣に肖像画が描かれていることからで、日本で言う「諭吉さん」の地位ですね笑。

なるほど。諭吉さん=Benjamin Franklinだったんですね

豆知識

Benjamin Franklinはアメリカの歴代大統領の一人と思っている人が意外と多いんですが、実は大統領にはなっていません。

例:

“Put money in the bag! Only Benjamins!”

(カバンに金を入れろ!100ドル札だけだ!)

biscuit

こちらはビスケットのことですね。お金全般を表すのに使いますがその由来は不明です。

また”biscuit”は「きれいな女性」や「銃」を指すスラングとしても使用されます。

(銃に関するスラングはこちらで詳しく解説しています)

American flagGet the strap! アメリカの銃のスラング10選を写真付きでまとめて解説

例:

“Want some biscuit?”

(金が欲しくないか?)

bread

ブレッド=パンですね。パンは生活における必需品。そしてお金も然り。ということから”bread”がお金を表すようになったそうです。お金全般に対して使います。

例:

“He makes bread like bakery”

(アイツはめちゃくちゃ稼いでいる)

brick

ブリックとはレンガのことです。分厚い札束がレンガに見えることから名付けられました。一般的には札束のような巨額のお金を差す場合が多いです。

例:

“hit her with a brick”

(札束でひっぱたく)

cake

これはケーキのことですね。”bread”や後に出てくる”dough”と並んで「生地」つながりで使われるようになったそうです。こちらもお金全般に対して使います。

例:

“I saw table full of cakes at his house!”

(アイツんちでテーブルいっぱいの札束見たんだって!)

cheddar

チェダーチーズのことです。お金全般を表しますが由来は不明です(おそらく次の”cheese”と一緒でしょう)。

例:

“I see some cheddar coming tonight”

(今夜ちょいと金が入ってくる)

cheese

チーズですね。”cheddar”とほぼ一緒でお金全般を表しますが由来は不明です。

豆知識

一説によると、昔アメリカの貧しい人々に政府から福祉政策の一環としてお金とチーズが配られたことに由来するとかしないとか。

例:

“We gotta make more cheese”

(もっと金稼がないと)

chips

カジノで使われるコイン(チップス)に由来しています。必ずしも硬貨だけを意味するわけではなくお金全般で使われます。

例:

“My chips are gettin’ low”

(金がなくなってきた)

CREAM

Cash Rules Everything Around Me”「金が全てを支配する」という言葉の頭文字を取ったものです。

MEMO

Wu-Tang Clanというラップグループの同名曲はとても有名です。

例:

“A man with a dream with plans to make CREAM” (-Wu-Tang Clan, “C.R.E.A.M”)

(大金を稼ぐ夢を持った男)

dead presidents

(故)歴代の大統領という意味です。アメリカの紙幣のほとんどに歴代大統領の肖像画が描かれていることから使われ始めました。主に紙幣のことを指します。

例:

“Let’s blow up this vault and wake up all dead presidents”

(さあ金庫をぶっ壊して眠ってる金をいただこうぜ)

dough

パンやケーキの「生地」のこと。”bread”から派生して、パン→生地ということで “dough”や”cake”などのスラングが生まれたという説もあります。

例:

“Got that dough dough?”

(金持ってきたか?)

grand

こちらは「1000ドル」のことです。その昔、1000ドルは巨大(grand)なお金と考えられていたことから名付けられました。

豆知識

単に頭文字をとって“G”と言われる場合もあります。

例:

“I got four Gs”

(4000ドル持ってる)

green

紙幣のことを指します。アメリカの紙幣には全て緑色のインクが使われていることに由来します。

例:

“All I wanna see is green”

(金しか見たくない)

large

こちらも”grand”と同じで「1000ドル」のことで、由来も一緒です。

例:

A: “How much is your car!?”

(お前の車いくらしたんだよ?)

 

B: “About two hundred large”

(20万ドルくらいかな)

loot

もとは「戦利品」や「略奪品」という意味です。その昔(今も?)巨額のお金を手に入れる手法がそうであったことから名付けられました。

例:

“gimme the loot!”

(金をよこせ!)

*gimme=give me

notes

“banknotes”(紙幣)に由来していて紙幣全般のことを指します。

例:

“I’ll go get some notes from ATM”

(ATMでちょっと金おろしてくる)

paper

紙ですね。そのまんまです笑。その名の通り紙幣を指します。

例:

“Bitch! Where my paper at?”

(ビッチ!おれの金はどこだ?)

(ビッチの正しい意味と用例についてはこちらで詳しく解説しています)

ビッチの本当の意味とbitchを使った英語の面白いスラング表現8個

stacks

“stack”=「積み上げる」という意味から、いくつもの1000ドルの山=「巨額のお金」という意味になります。

例:

A: “Will you lend me some cash?”

(ちょっと金貸してくんない?)

 

B: “How much you want?”

(いくら欲しいの?)

 

A: “3 stacks”

(3000ドル)

wad

丸まった束という意味です。札束をポケットに入れられるようにゴムなどで束ねて丸めているのを見たことがある人も多いと思いますが、アレのことです。

例:

“He threw me a wad”

(彼は丸めた札束を放り投げた)

お金のスラングまとめ

money in a case

以上、アメリカで使われることが多いお金のスラング20選を一気にお届けしました。 

こうやって並べてみると本当に意外というか、「そこから来るか!」みたいな由来のものが多くて面白いですが、1つ言えることは、食品関係多すぎませんか?

「パン」や「ビスケット」や「ベーコン」やら「チーズ」、「ケーキ」、「クリーム」など・・朝食っぽいと思うのは僕だけでしょうか?笑

確かにそうですね笑

僕としてはあと「ミルク」と「シリアル」と「エッグ」と「ヨーグルト」があれば完璧なんですけど、残念ながらそれはスラングには無いみたいです。

実際は調べてみるとまだまだ他にもたくさんあるんですが、はっきり言って「これはないでしょ笑」、というものも多いので、とりあえずコレだけ押さえておけば十分ストリートで生きていけると思います。

ストリート生活には興味ありませんが勉強になりました

ということで、今日はアメリカのストリートで使われているお金のスラングを紹介しました。

ちなみにこちらでアメリカのストリートで使われているおしゃれでかっこいい別れの言葉を紹介しているので是非一緒にチェックしてみてください。

アメリカ発!ストリート英語の別れ際のかっこいい挨拶5選

それではまた。