アメリカで使われてる「お金」にまつわるスラングまとめ20選!

money in a case
金湧き出てこないかなー

湧き出てこないから働こうよ

こんにちは!

アメリカの硬貨にはそれぞれ通称(ニックネーム)があるのを知っていますか?

普段日本円しか使わない私たちにとってはちょっと違和感がありますね。

日本円では、100円玉は「百円」だし、1,000円札は「千円」。それぞれの硬貨/紙幣に他の呼び名はないですから。まぁしいて言えばいつもお世話になってる「諭吉さん」くらいですか。

あ、確かにそれはたまに聞きますね

でも、アメリカは違います。旅行や留学などで行ったことがある人ならば大抵の人は知っていると思いますが、それぞれ以下のようにニックネームがついているんです。

 

  • 1セント=Penny(ペニー)
  • 5セント=Nickel(ニッケル)
  • 10セント=Dime(ダイム)
  • 25セント=Quarter(クウォーター)
  • 50セント=Half(ハーフ)
  • 1ドル(硬貨)=Dollar Coin/ Golden Dollar(ダラーコイン/ゴールデンダラー)

1ドルは “bill”(紙幣)が一般的ですが “coin”(硬貨)もあるんですね。シルバーとゴールドがありますが、ゴールドは日本の新500円玉(もはや全く新ではないですね)みたいに金色に輝いていて重みがあるので僕は結構好きです。たまにお釣りをコインでもらうとなんだか得した気分になります。

あとクウォーターについては、アメリカの各50州(+α)それぞれのデザインのバージョンがあって結構集めてる人コレクターも多いんですよね。僕も昔コレクションしてましたが、結局コンプリートできず挫折しました。

f:id:bigtree1000:20171202153504j:plain

ただ、今日のお題はこれらの各硬貨/紙幣のニックネームではなく、アメリカの「お金そのもの」についてのさまざまな呼び名についてです。

お金=”money”ですが、英語には”money”を意味するさまざまなスラングが存在します。

例えば5ドルのことを“5 bucks(バックス)”なんて言ったりするのを聞いたことある人も多いんじゃないでしょうか。あれも一般的に使われていますが一応スラングの1つなんです。

実はよく調べてみると、”bucks”のように普段使われるものから、「これは聞いたことないし実際使ってる人ほとんどいないでしょというものまで、ものすごい数のお金にまつわるスラングがあるんです。

その中で、今日は現在アメリカのストリートで実際に使われているものを中心に20個厳選して紹介していきたいと思います。中にはその由来を聞いてニヤリとしてしまうような面白いものもあったりするので、期待しててください。

どんなのが出てくるのか楽しみです

それでは一緒に見ていきましょう。

アメリカで使われるお金のスラングたち

(アルファベット順)

bacon(ぃこん)

“Bring home the bacon”(家にベーコンを持って帰る=成功する)という古いフレーズに由来しています。このフレーズ自体は “Dunmow Flitch”という「昔イギリスの小さな村でとても献身的な夫婦に対して君主からベーコンの切れ端が与えられたストーリー」に基づいているらしいんですが、細かいことはあまりわかっていません。

いきなり最初からよくわからないのが出てきちゃいましたね笑

Benjamin(んじゃみんず)

みなさんご存知のBenjamin Franklin(アメリカの政治家でハゲてるロン毛のおじさん)のこと。由来は100ドル紙幣に肖像画が描かれていることから。日本で言う「諭吉さん」の地位ですね笑。

豆知識

Benjamin Franklinはアメリカの歴代大統領の一人と思っている人が意外と多いんですが、実は大統領にはなっていません。

biscuit(すきっと)

ビスケットのことですね。お金全般を表すのに使いますが由来は不明です。

bread(ぶっど)

パンですね。パンは生活における必需品。そしてお金も然り。ということから”bread”がお金を表すようになったらしいです。お金全般に対して使います。

brick(ぶっく)

レンガのこと。分厚い札束がレンガに見えることからつけられました。

MEMO

一般的には札束のような巨額のお金を差す場合が多いです。

cake(ぃく)

ケーキのことですね。”bread”や後に出てくる”dough”と並んで「生地」つながりで使われるようになったらしいです。お金全般に使います。

cheddar(ちぇだー)

チェダーチーズのこと。お金全般を表すが由来は不明(おそらく次の”cheese”と一緒でしょう)。

cheese(ーず)

チーズです。”cheddar”とほぼ一緒でお金全般を表すが由来は不明。

豆知識

一説によると、昔アメリカの貧しい人々に政府から福祉政策の一環としてお金とチーズが配られたことに由来するとかしないとか。

chips(っぷす)

カジノで使われるコイン(チップス)に由来しています。必ずしも硬貨だけを意味するわけではなくお金全般で使われます。

CREAM(くりーむ)

Cash Rules Everything Around Me”「金が全てを支配する」という言葉の頭文字を取ったものです。

MEMO

Wu-Tang Clanというラップグループの同名曲はめちゃくちゃ有名です。

dead presidents(ぇっどれずぃでんつ)

(故)歴代の大統領という意味。アメリカの紙幣のほとんどに歴代大統領の肖像画が描かれていることから使われ始めました。主に紙幣を差します。

dough(う)

パンとかケーキの「生地」のこと。”bread”から派生して、パン→生地ということで “dough”とか”cake”が生まれたという説もあります。

grand(ぐんど)

1000ドルのこと。その昔、1000ドルは巨大(grand)なお金と考えられていたことから。

豆知識

単に頭文字をとって”G”(ぃ)と言われる場合もあります。

(例:I got two hundred Gs.)

green(ぐーん)

紙幣のことを指します。アメリカの紙幣には全て緑色のインクが使われていることに由来します。

large(ーじ)

“grand”と同じで1000ドルのこと。由来も一緒です。

loot(ーと)

「戦利品」や「略奪品」という意味。その昔(今も?)巨額のお金を手に入れる手法がそうであったことから名づけられました。

notes(ーつ)

“banknotes”(紙幣)に由来していて紙幣のことを指します。

paper(ーぱー)

紙ですね。そのまんまです笑。その名の通り紙幣を指します。

stacks(すてぁっくす)

“stack”=「積み上げる」という意味から、いくつもの1000ドルの山=「巨額のお金」という意味です。

wad(わぁっど)

丸まった束という意味です。札束をポケットに入れられるようにゴムかなんかで束ねて丸めているのを見たことがある人も多いと思いますが、アレのことです。

お金のスラングまとめ

以上、アメリカで使われることが多いお金のスラング20選を一気にお届けしました。 

こうやって並べてみると本当に意外というか、「そこから来るか!」みたいな由来のものが多くて面白いですが、1つ言えることは、食品関係多すぎると思いませんか?

「パン」や「ビスケット」や「ベーコン」やら「チーズ」、「ケーキ」、「クリーム」など・・勝手なイメージですがなんか朝食っぽくないですか?笑

確かに笑

僕的にはあと「ミルク」と「シリアル」と「エッグ」と「ヨーグルト」があればコンプリートなんですけど、残念ながらそれは無いみたいです。

実際は調べてみるとまだまだ他にもたくさんあるんですが、はっきり言って「これは無いでしょ笑」、というものも多いので、とりあえずコレだけ押さえておけば十分ストリートで生きていけると思います。

ストリート生活には興味ありませんが意外で面白かったです!

ちなみに他にもアメリカのストリートで使われているおしゃれでかっこいい言葉をこちらでまとめているので是非一緒にチェックしてみてください。

アメリカのストリート発!英語での別れ際のかっこいい挨拶まとめ5選

それでは今日はこの辺で。