日本一シュールな英語学習系YOUTUBEチャンネル始めました!

あなたは説明できる?continuallyとcontinuouslyの違いを解説

メガネの人にずっと付きまとわれていて・・・

おやおや、それは大変ですね

こんにちは!通訳/ストリート英会話講師のbigtree(@bigtree1000)です。

(15年の努力の結晶。「誰にも知られず密かにペラペラになれる独学勉強法」はこちら)

【動画で晒します】通訳の僕の英語力とシンプルな独学勉強法5つ

突然ですが質問です。

「連続して」や「継続して」などの意味がある“continually”“continuously”という言葉ですが、あなたはその違いを正確に説明できますか?

例えば上の会話のように、メガネをかけた怪しい人に「ずっと」付きまとわれているという場合には、”continually”と”continuously”のどちらを使ったらいいかあなたはわかりますか?

・・・・・

正解は・・・実はどちらでも正解なんです!

え?

ええ、どちらでも相手にきちんとメガネをかけたやばい人に追われているという事実は伝わりますよ。ただし、厳密に言うとそのニュアンスは微妙に異なってくるんです。

その違いをしっかり理解する事で、「あれ、この場合は”continuously”を使うんだっけ?」のような混乱は起きなくなるので自信を持って使い分けることができるようになります。

ということで、今日は学校では教えてくれないその辺りの絶妙な違いについて詳しく解説していきたいと思います。

学校で習うcontinuallyとcontinuouslyの意味

あなたは学校で“continually”“continuously”という単語についてどのように習いましたか?

僕は昔どこかで、”continually”も”continuously”も両方「継続して」という意味だけど、

  • “continually”はどちらかというとあまり良くない事(地震が起こる、財布を落とす等)
  • “continuously”はそれ以外のことに使われる

と習った記憶があり、その時は「ふーん、そうなんだ」くらいにしか思いませんでしたが、実はそれだとちょっと乱暴すぎる解釈なんですよ。

確かに「地震が起きる」や「財布を落とす」という文脈では通常”continually”を使いますが、それを「あまり良くない事は全て”continually”」で片付けてしまうのは少し危険です。

というのも、あまり良くない事で”continuously”を使った方が適している場面というのも実際にあるからです。

それでは実際に辞書上での意味はどのように定義されているのか。次はそれぞれの単語の意味について詳しく見ていきましょう。

continuallyとcontinuouslyの本当の意味

それでは早速”continually”と”continuously”の辞書での意味を見ていきましょう。

2つの単語を僕の愛用のOxford Dictionary of English(オックスフォード英語辞典)で調べてみると、

“continually”

1. -Repeated frequently in the same way; regularly

とあります。これは「同じ方法で頻繁に繰り返される;定期的に」という意味になりますね。また、

2. -Without interruption; constantly

ともありますね。これは「中断なく;絶えず」という意味です。

ふーん、①と②ではニュアンスが若干異なりますね。

①の「定期的に繰り返される」というのは、「一度起こって、一旦止んでまた起こる」というのが繰り返されるイメージです。

対して②は「中断することなく絶え間なく続く」というイメージですね。

でも、やっぱり①番目にきている意味を優先すべきなので、ここは「同じ方法で頻繁に繰り返される;定期的に」を一般的な解釈としておきましょう。

次に同じく”continuously”を調べてみると、

“continuously”

-Without interruption or gaps

となっています。これは「中断やギャップなく」という意味ですね。

ということでこちらは”continually”の②の意味とほぼ一緒になります。

2つの違いを簡単にまとめると

では、ここで2つの意味を見やすくまとめてみましょう。すると、

  • “continually”「同じ方法で頻繁に繰り返される;定期的に」
  • “continuously”「中断やギャップなく」

このようになりますね。これで意味の似ている2つの単語の微妙な違いが丸わかりです。

ココ重要

ただし、”continually”にはもう1つの意味があり、そちらは“continuously”と同じ意味になるということはちょっと注意ですね。

continuallyとcontinuouslyを使い分けてみよう

はい、では2つの意味の違いがわかったところで、冒頭の例に戻って意味の違いを考えてみましょう。

「メガネの男にずっと付きまとわれている」という文にそれぞれ”continually”と”continuously”を当てはめてみると、

  1. “I have been continually stalked by a guy with glasses”
  2. “I have been continuously stalked by a guy with glasses”

*stalk=付きまとう(ストーカーの元になった言葉)

となりますね。この場合、①と②のニュアンスはそれぞれ、

  1. メガネをかけた男に頻繁に付きまとわれている
  2. メガネをかけた男に絶え間なく、カフェでも、職場でも、家でも、トイレでも、シャワーでも、寝る時も常に付きまとわれている

という感じになります笑

寒気がしますね。早く捕まってくれるといいんですけど。

そうですね・・・

なので、どちらを使っても意味的には通じるので両方正解になるんですね。

①の”continually”は上で見たように、もう1つの意味を使えば「絶え間なくストーカーされている」という意味にもとることができますね。

全く恐ろしいことです。

ええ・・・そうですね・・・

まとめ

ということで”continually”と”continuously”の2つの単語の意味の違いははっきりわかりましたね。

やはり非常に似ている単語であることは間違いないのでそこは押さえつつ、

  • 中断期間があれば “continually”
  • 絶え間なければ “continuously”

(*continuallyは「絶え間ない状況」でも使用可)

という感じで覚えるとわかりやすいと思います。

豆知識

ちなみに、”continual”という単語をCambridge Dictionary(ケンブリッジ辞典)で調べてみたんですが、

-happening repeatedly, usually in an annoying or not convenient way

「繰り返し起こる、たいていうっとうしく都合のよくないやり方で」

という意味が載っていました。

ここから“continually”が「良くない事」で使われるということになったんだと想像できます。学校での説明はあながち間違いではなかったんですね。


ということで、今日は形も意味も非常によく似ていて普段あまり違いを意識しない“continually”“continuously”の2つの単語について、微妙なニュアンスの違いを詳しく解説してみました。

違いがわかったのでこれからは胸を張って使い分けられますね。

ちなみによく迷ってしまう表現について解説したこんな記事もあるのでよかったらチェックしてみてください。

関連記事

説明できる?maybe、perhaps、possibly、probablyの違いを解説

「受験勉強から社会勉強まで」生きた英語はBigtreeEnglishで

当サイトでは、受験勉強や本気の英会話学習に役立つ知識はもちろんのこと、アメリカのストリートから発信される実用的な表現や誰も知らない超マニアックなスラングなど、かなりの守備範囲の英語コンテンツをカバーしています笑

以下でそれぞれのテーマの記事一覧をチェックできるので良かったら覗いてみてください。

また、以下の記事では日本で生まれ育った僕が15年間の英語学習を経てたどり着いた「最強の独学勉強法」「正しい発音の身につけ方」まじめに紹介しています。(どちらもかなり読みごたえあります)

本気で英語力を伸ばしたいと思っている人には必ず役に立つ内容になっているので是非チェックしてみてくださいね。

CHECK!!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。

ハァ・・ハァ・・・すみません遅くなりました。ご連絡いただいた方はどなたですか?

あ、はい、私です。この人です。間違いありません

え?・・・・・ちょ・・・あ、やめっ

大人しくついて来いコノヤロウ!

ちょっ、まっ待って僕は何もやってません!

話は署でゆっくり聞いてやろうこのどエロクソメガネが!

・・・・・

・・・それではまた!