後ろに並んだインド人が近すぎるのでいろいろ考えさせられてしまった

Thank You

それはいつものように通訳の仕事で海外へ行くときに起こった出来事。

僕は今回の目的地であるインド最大の工業都市ムンバイへ行くために、成田空港のカウンターにてチェックインをしようと並んでいた。

夜遅い便だったので空港はかなりガランとしていて、チェックインする人もちらほらいるくらい。

僕の利用する航空会社のカウンターには3、4人くらい待っている人がいたので、その後ろに並んで自分の番を待っていたところ、背後に何か気配を感じふと振り返った瞬間、

ババァーン!!

f:id:bigtree1000:20180306113926j:plain

自分の顔のすぐ真後ろに、微動だにせずこちらを凝視しているインド人の顔があって心臓が飛び上がるほどびっくりした笑

うわぁおっ!!

ちっかっ!!!いや近いわっ!なんでこんなに広いのにこんな近いの!?笑

もう、この空間に対して明らかに不自然なほどアグレッシブに詰め寄ってきていて、めちゃくちゃプレッシャーかけられてるな・・・と思わず苦笑い。

隙あらば抜かしてやるぜくらいの勢いだったので、こっちもスーツケースを自分と横並びにして抜かされないように道をブロック!笑

いやぁーびっくりした。それにしてもホント油断できないわー。

と、そこでふと思った。

そういえば普段関わることが比較的多いインド人や中国人とか、東南アジア人とかもそうだけど、間合いが近いというか、他人との肌の接触を何とも思わない人が多いよなぁ―――と。

日本人同士だと、満員電車に乗っていたとしても、互いに肘が当たったりカバン当たったりすると嫌な顔をしてにらみつけたりする。

でも、この人たちは互いの肩が触れ合っていることに対して特に何にも思っていなさそうである。

ニコニコして、ものすごい至近距離まで詰め寄ってきて、明らかにこちらの”uncomfortable”(不快)な領域まで侵入してきて、何の悪気もなくニコニコして、ちょっと油断したものならさりげなく抜かそうとして笑(そうはさせるかっ!)

 でも、やってる当の本人たちはホントに何も考えてないんだろうな。

無意識の内に、少しでも前に行こう前に行こうっていう気持ちが脳にプログラミングされているんだろうな。

これは日本や欧米の先進国ではあまり体験しないことだと思った。

日本だったら例え並んでいるときに必要以上に前との距離を保っていたとしても、後ろの人に抜かされることはまずないし、アメリカでもほぼ確実に後ろの人が「前空いてるよっ」て声をかけてくれるだろうな。

それってやっぱり発展途上国特有のアレなのかな。

生き抜くためには、周りよりも少しでも前に前にというハングリー精神。

GDPでこそ、中国は日本の2倍以上でぶっちぎってるし、インドも欧米諸国と並び上位にいるけど、どちらも莫大な人口を抱える大国だし、まだまだ貧富の差はものすごいだろうしな。

日本人もガツガツ前に出ないとマズイ

でも、この「ハングリー精神」ってものすごく重要だと思う。

少しでも前に出よう、自分が自分がってがむしゃらに食らいつく感覚は、日本にいるとあまり感じられない。

また最悪なことに、今の日本には、そういった必死な態度を冷ややかに見る風潮すら、当たり前に根付いてしまっているところがあると思う。これは本当に深刻な問題だ。

心に余裕を持つことは良いことだと思うけど、恥を捨てて必死に食らいつく気持ちを忘れてはいけないし、そういう人を嘲るような態度は絶対にとってはならないと思う。

実際、周りの目を気にすることなく、自分を100%出せる人は間違いなく「最強」だと思う。

これは英語学習にも言える事で、やっぱり日本人は悔しいことに「おとなしくてシャイ」というイメージがついてしまっている。

だから日本人は旅行先でまんまとカモられるし、クレームを言いたくても逆に言いくるめられることが多い。グイグイこられるのが苦手だから。

f:id:bigtree1000:20171116220822j:plain

グイグイ来る人笑

でも英語は聞いているだけでは身につかないし、やっぱり最短の上達方法はとにかく喋って喋って喋りまくること。発音だとか、めちゃくちゃな文法だとか、そんなものを気にせず、とにかくがむしゃらにトライしてみること。

ホントにコレしかないと思う。

ハングリー精神を忘れ、余裕をぶっこいているとそのうち「食われる側」になってしまうのは明らかだ。

日本人はものすごく緻密で繊細な感情と、独創的な発想を持っている人が多いと思っている。それを皆が積極的に英語で世界に発信していくことができたら・・・と考えるとものすごくワクワクしてくる。だからこそ、

PEOPLE! STAND THE F*** UP NOW!!  IT’S OUR TIME TO SHINE!!

(さあみんな今こそ立ち上がろう!今度は僕らが輝く番だ!!)

インド人のアグレッシブな姿勢を身近に感じ、自分もまだまだハングリーさが足りていないなーと痛感したある月曜日の夜。

また、明日から積極的に、前向きに頑張ろう―――・・・

って抜かせるかぁっ!!笑 

それではまた。