英語が苦手でも英会話マスターになれる!数字が示す驚きの事実

こんにちは!通訳/ストリート英会話講師のbigtree(@bigtree1000)です。

(15年の努力の結晶。「誰にも知られず密かにペラペラになれる独学勉強法」はこちら)

【動画で晒します】通訳の僕の英会話力と誰でも必ず伸びる独学勉強法

どこでも通用する十分な英会話力を付けるには単語を覚えて、文法の勉強をして、リスニング力を鍛えて、スピーキングのトレーニングをひたすらやらないと・・・と思うじゃないですか。

でも、実はもっと簡単に上手な英会話ができるようになるコツがあるんですよ。

必要なのは本当に最低限の英語力(中学レベルで十分すぎる)と「非英語力」です。

「非英語力」って何ですか?

今日はこの「非英語力」がコミュニケーションにもたらす効果というのを面白いデータに基づいて紹介していきたいと思います。

英会話マスターに必要な英語力は中学レベル

上で言ったように、多くの人は上手に英語を喋るには単語、文法、リスニング、スピーキング力がマストだと思っていますよね。

そりゃあもちろんあるに越したことはありませんが、実際のところはなくても全然問題なく外国人の友達もできますし、外資系企業でも十分通用します。

僕自身のこれまでの経験から、友達同士でも仕事でも、スムーズな英会話に必要な英単語は本当に冗談抜きで「中学レベル」で十分すぎだと思います。

フッ、さすがに中学レベルで外資系で働かれたら困りますよ

政治やスポーツやサイエンス関係などは別として、日常会話で難しい知識が必要なケースはほとんどないですからね。

なので英会話力のために頑張って「単語帳」や「参考書」ばかり勉強している人はもうちょっと頭を柔らかくする必要があります。

英会話をスムーズにするにはまずは当然相手の言っていることが理解できないといけませんよね。

それには「リスニング力」と「スラング」などのネイティブが使う表現に慣れることが大切ですが、それについてはこちらで詳しくまとめているので良かったら参考にしてみてください。

関連記事

【動画で晒します】通訳の僕の英会話力と誰でも必ず伸びる独学勉強法

数字が示す英会話の驚きの事実

さてここからが本題ですが、

あなたはコミュニケーションにおいて、あなたの「発言の内容」がどれくらい重要な働きをしているか知っていますか?

いやどれくらい重要も何も、発言の内容が全てでしょう

ここで言う「発言の内容」とは言い換えればすなわち「言葉のチョイス」「単語の語順」をベースとした「文章としての完成度」のことを指します。

普通に考えて文法的に正しく、理論的で無駄がなくスッキリまとまった文章を作れる人が最強だと思うじゃないですか。

当然でしょう。偏差値=リスペクトです

でも実はそうでもないんですよ。

ここに1つ面白いデータがあるんですが、アメリカのUCLAという大学の発表したある研究結果によると、

会話における「発言の内容」が与える影響というのは「たったの7%」だそうです。

1割以下です。あなたが頭を捻って頑張って考えた文がコミュニケーションに与える影響は1割以下なんです。

なんだと・・ガリ勉乙ってことかよ・・・

これは驚きですよね。

どんなに英語が出来て、難しい単語もスラスラ出てきて、ネイティブでも書けないような綴りが書けたとしても、その英語力は会話では大した役割をしていないんです。

じゃあ会話において何が最も大切かと言うと、ズバリ「ジェスチャーや表情などの視覚的な印象」で、実はコレが驚きの「55%」を占めているそうです。55%ですよ。半分以上です。

つまり極端な話何も言葉を発さなかったとしても、「ボディーランゲージと顔芸」だけでかなりいいところまでコミュニケーションができてしまうということですよね。

これはもう無声映画の世界です笑

そして同じデータによると、次に重要なコミュニケーションの要素が「声のトーン」だそうで、これは会話の中で「38%」くらいの役割を占めているそうです。

これもかなりすごい数字ですよね。

これは言うなれば、真っ暗闇で全く同じことをさまざまな声のトーンで言った時に、相手にその時の感情(喜怒哀楽の微妙なニュアンス)がだいたい4割くらいは正確に伝わるということです。

つまりこの研究結果から言えることは、

日常会話においてはあなたの英語の「正確さ」はほとんど問題にならず、あなたの気持ちが相手にきちんと伝わるかどうかはほぼ「見た目」と「テンション」で決まってくる、ということです。すごくないですか、「見た目」と「テンション」で93%ですからね。

見た目とテンションがほぼ全て・・・

いいですか、これはものすごいポジティブなニュースですよ。

だって、誰もが難しいと思うネイティブとの英会話が、実は「英語力」ではなく誰にでもできる「非英語力」を上手く使うことによってものすごく簡単になるんですから。

逆に言えば「自分はまだ英語が話せない」と思っている人は、英語が上手く話せないなりにもっと頑張らなきゃいけません。

今日からあなたも英会話マスターに

ということで英会話において「英語以外の表現」がどれだけ重要かというのがわかってもらえたと思います。

決して難しく考える必要はないんです。

  • 嬉しい時は「嬉しい」を簡単な言葉で(“It’s great!”)、全身を使って表現すればいいんです。
  • 気に入らない時は「気に入らない」を簡単な言葉で(“I don’t like it”)、全身を使って表現すればいいんです。

よく勘違いしている人がいますが、「英語でどれだけすごいことが言えるか」に価値があるんじゃなく、「英語でどれだけ意思疎通ができて相手に価値を提供できるか」というところに本当の価値があるんです。

英語は単なるコミュニケーションツールにすぎませんからね。

あなたのもともと持っているスキルやアイデアを世界のどれだけ多くの人と共有し、そこに価値を見出してもらえるか。

それを圧倒的に上手にするのは上で見た通り、「英語力」ではなく、あなたの中にすでに備わっている「非英語力」です。

よくテストは全然できないのに、恐れることなく外国人と会話し、すぐに打ち解けられるタイプの人がいますよね。

そんな人は決まってノリが良く、ジェスチャーや表情などの「非英語力」を駆使して一瞬にして相手の心を惹きつけることができます。あれは一種の才能ですよね。

くそぅ・・リア充め・・・

そんな人にあなたもなりたいと思いませんか?

なれるんですよ。気持ち1つで。だって「非英語力」はもうあなたの中にあるんですから。

それを上手く引き出せるようになるには多少の「慣れ」が必要ですが、一旦習得してしまえばハッキリ言ってあなたはもう最強です。どこに行ったって通用するだけの十分なコミュニケーション能力が備わっています。

なのでまずは「最強の武器」を身につけましょう。

そこにある程度の英語力がすでに備わっているならばあなたはもう魔王を倒しに行けるだけの力はありますが、もしまだ自信がないならもう少しレベル上げをしつつ細かい装備(英語力)を付け足していけばいいんです。

どうですか?めちゃくちゃ簡単じゃないですか?

この最強の武器は最後の城下町の鍵のかかった宝箱の中ではなく、実は最初の村の自宅の引き出しに入ってたんですね・・・笑

それは盲点でしたね笑

いやー、もっと早く気づいてたらとっくに魔王倒して財宝手に入れて南の島にバカンスに行ってたっつーの。

ということで今日は面白い科学的なデータを基に、あなたの英語学習のモチベーションになりそうな話を紹介してみました。

今日から是非、日々の英会話で意識して取り入れてみてください。

「受験勉強から社会勉強まで」生きた英語はBigtreeEnglishで

当サイトでは、受験勉強や本気の英会話学習に役立つ知識はもちろんのこと、アメリカのストリートから発信される実用的な表現や誰も知らない超マニアックなスラングなど、かなりの守備範囲の英語コンテンツをカバーしています笑

以下でそれぞれのテーマの記事一覧をチェックできるので良かったら覗いてみてください。

また、以下の記事では日本で生まれ育った僕が15年間の英語学習を経てたどり着いた「最強の独学勉強法」「正しい発音の身につけ方」まじめに紹介しています。(どちらもかなり読みごたえあります)

本気で英語力を伸ばしたいと思っている人には必ず役に立つ内容になっているので是非チェックしてみてくださいね。

CHECK!!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた。