【おすすめ英語】Snoop Dogg風に「はい了解です。では後ほど」を言う方法

 

「〇〇様」

 

改行

 

「いつも大変お世話になっております」

 

 

会社のメールってうんざりするほど堅苦しくてうっとうしいですよね。

 

上のような堅苦しいフォーマットから始まり、「~していただけますと幸甚です」とか、「~のほど何卒よろしくお願い申し上げます」とか、「~ねがいあげもうしたてまつりそうろう」とか・・・。

 

願上申奉候(ねがいあげもうしたてまつりそうろう)笑

 

本来2、3行で済むところを妙に形式ばって書くからそれだけで無駄に時間を使ってしまい非常に非効率的と思っている人は多いはず。

たまに上司とかで「よろしく」とか「了解」とか、こっちが本文を見落とすくらいの簡潔な文で返してくる時はあるけど、ペーペーの自分はその技を使えるワケではないし。

 

おそらくビジネスの世界でここまで仰々しく形式ばった応対をしなくてはいけないのは日本だけなんじゃないかと思います。

 

これを、もしイケてる国のイケてる人がやったら全然違う感じになるんだろうなぁ。

 

イケてる国のイケてる人ですか・・・誰?

 

ということで、今日は「キングオブイケてる」ことヒップホップ界のドン、Snoop Dogg(スヌープドッグ)が日本の会社員だったらこう答える、というのをやってみたいと思います笑

 

おすすめ英会話表現はコレ

 

 

本日は誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます

 

Aight, done dezzle my nezzle. I’ll be right bezzle

 

 

POINT

“aight, done dezzle my nezzle. I’ll be right bezzle”

ーい、ぞまぞ、びぅらぃぞぅ)

 

f:id:bigtree1000:20180313044810j:plain

 

マスター英語解説

 

なんかわけわかんない呪文みたいなの出てきた笑

 

今日のツボ

今日はアメリカの教科書でも絶対に習わない、スヌープドッグオリジナルのコテコテのストリートスラングについて、“aight”“done dezzle my nezzle”、そして“I’ll be right bezzle”の3つに分け、それぞれを1つひとつ分解して意味を見ていきましょう。

 

“aight”について

 まず、初めの”aight”についてはこちらの記事で詳しく説明しているので、こちらをチェックしてみてください。そして、その後また戻ってきてください笑

www.bigtreeinthehouse.com

 

“done dezzle my nezzle”について

次に、”done dezzle my nezzle”についてですが、①“done dezzle”と②“my nezzle”に分けて見てみましょう。

 

①”done dezzle”:これは実は”done deal“のことで、意味は”deal”「取引」が”done”「完了」で、ニュアンス的に「了解」という感じです。

 

②”my nezzle”:”nezzle”というのは実は“nephew”「甥っ子」のことを言っているんです(”Nワード”という風にも捉えられます)が、「え、なんで甥っ子?」と思いますよね。

これについては、アメリカに限らず英語圏では仲の良い友達のことを「ブラザー」と言ったりするのは聞いたことがあると思います。その延長で、「ブラザー」が「甥っ子」になったと思ってください笑

まあ、スヌープドック特有のユニークな言葉遊びの1つですね。

 

“I’ll be right bezzle”について

そして最後に、”I’ll be right bezzle”ですが、これは“I’ll be right back”「すぐに戻ります」のことです笑

 

“I’ll be back”だと「戻ってきます」ですが、”right”を付けると「すぐに」という意味が加わりますね。ですが実際にはこの文脈に合わせて「またな」くらいにしておきましょう笑

 

ということで、”aight”と”done dezzle my nezzle”と”I’ll be right bezzle”の3つ全部を繋げてみると、

 

あいよー了解、じゃあまたな☆

 

という感じに仕上がります笑

さすがスヌープドッグ先輩、大手取引先の部長相手にユルすぎます笑

 

こんな先輩素敵すぎる笑

 

Snoop Doggのスラングがすごい

 

このように独特の言葉遊びで知られているスヌープドッグですが、ただ単にデタラメな言葉を並べ立てているわけではなく、”dezzle”、”nezzle”、”bezzle”と「ぞぅ」の音で韻を踏みまくっているところがまさに「キングオブイケてる」こと「Hip Hop界のレジェンド」こと「エンターテインメント界のカリスマ」こと「黒人音楽界のアイコン」らしいですね。

 

異名(「こと」)多いな笑

 

ちなみにこの「ぞぅ」とか「ぞぅ」とかの発音はいわゆる「スヌープ語」と言われていて、インタビューや曲の中など結構いろんなところで使われています。

 

こういう遊び心があってこそ、さまざまな状況に柔軟に対応できる心の余裕が生まれるんですね。必要以上に社会の枠にガチガチに縛られすぎていては窮屈ですし、変なしきたりのせいでいざという時に力を最大限発揮できない可能性もありますからね。

 

ということで明日からはスヌープドックのように肩の力を抜いて、人生楽しくいきましょう。

 

ありがとうございます!来週ちょうど大手取引先との重要な会食があるのでそこで是非使ってみたいと思います!

 

お・・おう笑

 

それではまた☆