相手に何か頼まれた時、3文字で超絶カッコよく返答する【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

人に何か頼み事をされたら何て答えますか?

「あいよっ!」とか「よしきたっ!」とか「ガッテン承知!」とかですかね?

どこか「昭和」を感じさせますが、こう言ってくれる人は大抵ちょっと不器用だけど憎めない良い人です笑

「チッ・・・あーおっけ」という人は性格悪いのでこの先前途多難です笑

「君が僕に話かけるときは決まって何か頼みごとをするときだ僕はそれ以外で君に話しかけられたことはないからでも大丈夫そういう扱いには慣れてるし自分の存在意義はよく分かってるから」・・・ くそ怖いですもう頼み事しませんすいませんでした笑

 

じゃあ、今度は英語で言われた場合はどうでしょう。

"OK!" とか "Sure" とか "Of course" とかですかね?

もちろん全部正解なんだけど、なんかちょっとありきたりな答えですね。

このブログを読んでくれているドMで超アブノーマルハードコアなみなさんは、これでは確実に満足しないでしょう。 

 

そこで、今日はめちゃくちゃシンプル(3文字)なんだけど、超絶渋くてカッコいい返答の仕方を紹介しちゃいます。

人に何か頼んだ時、一瞬こっちの目を見て、この言葉を言われたらほとんどの人が、

 

ホレてまうやろぉーっ!

 

ってなると思います笑

ていうか確実になります。

では早速見ていきましょう。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

すみません・・これ明日の朝までに着くように出したいですけど、まだ間に合いますか?

 

Bet

 

ホレてまうやろぉーー!!

 

POINT

Bet

(べっ)

 

f:id:bigtree1000:20171031132419j:plain

まかせとけっ!

解説

 

3文字です笑

本当に3文字なんです。"bet" はカジノとかで賭けをする時に使う、「賭ける」という意味の単語ですね。上の表現は、正確に言えば "You bet"「あなたは賭ける」なんですが、そこから「(100%大丈夫だから)賭けていいよ」=「まかせとけ」というような意味になるんです。

 

渋いっすね。

 

また、次の例のように「ありがとう」と言われた時の「どういたしまして」="You're welcome" の代わりとしても使うことができます。

 

Thank you!

 

Bet

 

ホレてまうやろぉぉぉーー!!!!!!!

 

という感じです笑

渋すぎです。

 

 

めちゃくちゃ簡単で最高にカッコいいので、すぐさまマスターしてどんどん使っていきましょう。

それではまた☆