【徹底解説】ラップ名曲パンチラインに学ぶ英語Vol.3

boonbox

アメリカのラップミュージックを聴き始めてもうかれこれ20年くらいになる。

昔のものからわりと最近のものまでいろいろ聴いているが、いまだにストレートで強烈なメッセージやユニークでウィットに富んだリリック(歌詞)を見つける度に1人でニヤリとしたり、何度も頷いたりしている。

このコラムでは、最近ラップを聞き始めた人がラップミュージックの魅力に気づいてくれたり、また自分のようにラップのリリックから英語に興味を持ってくれる人がいたら嬉しい、という思いから、ヒップホップ界の先駆者たちや、わりと最近のアーティストのリリックの中から、「これはやられたっ!」と思わず唸ってしまうようなエッジが効いてオリジナリティが溢れるパンチラインを紹介していこうと思う。

それじゃ、早速今日のエントリ―を見ていこう。

名曲パンチラインはコレ

There’s three types people in the world: Those who don’t know what happened.  Those who wonder what happened.  And people like us, from the street, that make things happen!

-Bushwick Bill, “Stranded on  Death Row” (1992)

 

(訳:世の中には3つのタイプの人間がいる:何が起こったのか知らない奴ら。何が起こったのか気にする奴ら。そしておれらみたいなストリート出身で物事を起こす奴らだ)

 

f:id:bigtree1000:20180327183955j:plain

 

解説

 

初めて聞いてその意味を理解した時に鳥肌が立ちましたね。「かぁっこいい~」って。

 

このセリフは DR. Dre の “The Chronic” というアルバムに収録されている “Stranded on Death Row” という曲のアウトロの部分で流れています。

ちなみにセリフを言っているのは Bushwick Bill というラッパーで、Geto Boys という3人組のラップグループのメンバーの一人です。

 

f:id:bigtree1000:20180327184029j:plain

Bushwick Bill(中央)

 

“There’s three types of people in the world” の部分はいいですね。”three types”「3種類」と複数形になっているので、文法的には直前の be動詞は本来 “There are” と複数形になるのが正しいですが、ストリート英語ではそんな細かいことは気にしません

 

“Those” は “That”「それ」の複数形で「それら」ですが、”Those (people)” 「それらの人々」という具合に不特定の「人々」を表す時にも使われます。

 

“Those who~” 「~する不特定の人々」という表現は結構よく使われるので覚えておくと便利です。

 

そして3種類の人間の内のタイプ①&②についてはそれぞれ、

①:”don’t know what happened”「何が起きたのか知らない

②:”wonder what happened”「何が起きたのか気にする

となります。そして最後のタイプ③については、

③:”People like us”=「私達のような人々」、”from the street”=「ストリート出身の」、”that”=(関係代名詞で直前と直後を繋げる)、”make things happen”「物事を起こす」という感じになります。

 

「関係代名詞」とは、直前に出てきた「人や物」について、直後に補足説明をしたい時にその間に入って前後を繋げる役割を果たす語のことです。この場合は “People ~ street” について、どんな人達なのかを直後で補足説明しているので、その間を繋げるために “that” が入っています。

 

ちなみに

 

このパンチラインまじでカッコいいなと思ってちょっと調べてみたら、Steve Backley というイギリスのやり投げの陸上選手が同じようなセリフを残しているのを発見しました。現在 Steve Backley氏は48歳(2018年現在)らしいので、何歳の時にこの名言を残したのかは知りませんが、”The Chronic” がリリースされたのは1992年なので、当時23歳くらいだったはずです。

 

Bushwick Bill氏と Steve Backley氏、先にこのパンチラインを言ったのは果たして、どっちなのか?どっちかがパクったのか?笑

 

それはまぁわかりませんが、とりあえずこういうセリフを聞くと、「おれは必ずタイプ③の人間になってやるぜ」と熱い思いがこみ上げてきます笑

 

ということで、みんな頑張ってタイプ③を目指しましょう。少なくともタイプ①にはならないように頑張りましょう笑


はい。ということで、今回の「ラップ名曲パンチラインに学ぶ英語特集」はいかがだったでしょうか?これからも素晴らしきラップミュージックの魅力をお届けすると共に、みなさんの英語学習の助けになれれば光栄です。

第一回から見てみたい!という方は是非こちらからチェックしてみてください。 

cassette 【徹底解説】ラップ名曲パンチラインに学ぶ英語Vol.1

それではまた!