【徹底解説】ラップ名曲パンチラインの意味に学ぶ英語vol.7「Phife Dawg編」

turntable

アメリカのラップミュージックを聴き始めてもうかれこれ20年くらいになる。

昔のものからわりと最近のものまでいろいろ聴いているが、いまだにストレートで強烈なメッセージやユニークでウィットに富んだリリック(歌詞)を見つける度に1人でニヤリとしたり、何度も頷いたりしている。

このシリーズでは、普段ラップをあまり聞かない人がラップミュージックの魅力に気づいてくれたり、また自分のようにラップのリリックから英語に興味を持ってくれる人がいたら嬉しい、という思いから、ヒップホップ界のレジェンドや、今アツいアーティストたちのリリックの中から、「これはやられたっ!」と思わず唸ってしまうようなエッジが効いてオリジナリティが溢れるパンチラインを紹介していこうと思う。

それじゃ、早速今日のエントリ―を見ていこう―――。

ラップ名曲パンチライン

Bust a nut inside your eye to show you where I come from

-Phife Dawg, “Scenario” (1991)

f:id:bigtree1000:20180430204459j:plain

パンチライン徹底解説

今日のポイント
  • “bust a nut”というフレーズ
  • “come”という単語の意味

おっと、ものすごいことを言い出しましたね笑

これは1991年にリリースされたA Tribe Called Questの2ndアルバム“The Low End Theory”に収録されている“Scenario”という曲の一節です。

A Tribe Called Questといえばニューヨークを代表するヒップホップグループで今でも第一線で活躍している僕も大好きなアーティストですが、そのメンバーの一人であるPhife Dawg(R.I.P)がいきなりとんでもないことを言っています。

どんなことを言ってるんでしょうか

今日はとても短いパンチラインで一見そんなに難しくなさそうですが、その中にPhife Dawgのユーモアがぎっちり詰まっていて面白いと思ったのでその意味を紹介します。

それでは以下でパンチラインを、

  1. “Bust a nut”
  2. “inside your eye”
  3. “to show you where I come from”

のそれぞれのパーツに分けて解説していきたいと思います。

“Bust a nut”

まず、”Bust a nut”についてですが、これは完全にスラングで、「射精する」という意味になります。ええ、間違いありません、「射精する」です。

“bust”は「破裂させる」という意味があり、”nut”は木の実の「ナッツ」のことなので、もちろん「木の実を破裂させる」という意味にも解釈できますが、ここでは違います。

実は、”nuts”「ナッツ」はスラングで「キン◯マ」という意味もあるんです。うん、なんとなくわかりますよね。

クルミが想像しやすいですね笑

なので”Bust a nut”=「キン◯マを破裂させる」で、「射精する」になります。

ちょっと面白いのは、キン◯マは通常2つで1セットですよね。なので細かい人は“Bust nuts”が正しいのでは?と思うかもしれませんが、実際は“Bust a nut”はこの形で「射精する」というフレーズとして使われます。

CHECK!

“Bust a nut”

  • スラングで「射精する」というお決まりのフレーズ

もちろん“Bust my nuts”のように”nut”を複数形にして使うこともありますので使い分けて発射しましょう。

“inside your eye”

次のラインは“inside your eye”ですが、これは特に説明することがありません。

シンプルに「あなたの目の中」という風に訳せばいいと思います。

“to show you where I come from”

最後の“to show you where I come from”の部分についてですが、“to show you”は「あなたに見せるために/教えるために」という具合でいいでしょう。

何を教えるのかというと、“where I come from”、すなわち「私がどこから来たか」です。難しくありませんね。

はい、そして実はここがPhife Dawgの言葉遊びが詰まっている部分なんですが、ここでは”come”という一言に、

CHECK!

“come”の意味>

  1. 「来る」
  2. 「イク(射精する)」(”cum”と書く場合もある)

という2つの意味をかけていて、「おれがどこから射精したか教えてやるよ」という意味にもとれてしまうんです。

なるほど。「来る」と「イク」がかかっているんですね

実際目ん玉に射精をしたら、出てくる瞬間はそりゃあよく見えるでしょうね笑。

うぅぅーーイタイ笑

そしてさらに、「精子」というのはその人自身の起源、つまりアイデンティティですよね。あなたも私も、人間はみな精子から始まります。

なので、「おれの精子を見ればおれがどこから来たかわかる」ということになり、ここではニュアンスとしては「どこから来たか」というよりは「おれがどんな人間か」=「おれ様が誰であるか」というような感じが近いでしょう。

sperm

まとめ

ということで、これら全てのラインを繋げてみると、

  1. 「射精する」
  2. 「おまえの目の中に」
  3. 「おれ様が誰であるか教えるために」

となりまとめると、

Bust a nut inside your eye to show you where I come from

 

「おれ様が誰だか教えるために目の中に射精してやるよ」

という感じになります。強烈ですね笑

・・・実際された人はいるんですかね笑

世の中すごい性癖を持った人もいるもんですね笑

曲はこちらで聞けるので良かったらチェックしてみてください(該当箇所は0:44辺りからです)

ちなみに、この“The Low End Theory”というアルバムはA Tribe Called Questの1stアルバム“People’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm”や3rdアルバム“Midnight Marauders”などと並んでA Tribe Called Questの「初期の最高傑作」と言われている作品です。これを機にラップに興味を持った人や、僕のように「洋楽を聞きながら英語を勉強をしたい!」と思った人は是非チェックしてみてくださいね。

マニアックな情報

そして、こんなサイコパス的な発想と独創的で誰にも真似できないラップスタイルを持ったPhife Dawgなんですが、長いこと糖尿病と闘った後、2016年に45歳の若さでこの世を去っています。

またもともとA Tribe Called QuestはPhife Dawgとその幼少期からの友人であるQ-Tipによって1985年に結成され、後にメンバーが加わっていきましたが、1998年にメンバー同士の仲違い(主にPhife DawgとQ-Tip)が原因で解散しています。そして2006年に再結成しツアーを行った後、2016年にグループとして最後のアルバムをリリースしていますが、Phife Dawgがリリース前に突如なくなったため、アルバムは彼の死後に残りのメンバーによって完成されています。


はい。ということで、今回の「ラップ名曲パンチラインに学ぶ英語特集」はいかがだったでしょうか?これからも素晴らしきラップミュージックの魅力をお届けすると共に、あなたの英語学習の助けになれれば光栄です。

前のエピソードや次のエピソードも気になる!という方はそれぞれこちらからどうぞ。

<前のエピソード>

microphone stand【徹底解説】ラップ名曲パンチラインの意味に学ぶ英語vol.6「OutKast編」

<次のエピソード>

【徹底解説】ラップ名曲パンチラインの意味に学ぶ英語vol.8「Jay-Z編」

また、第1回から見てみたい!という方がいましたらこちらからチェックしてみてください。 

cassette 【徹底解説】ラップ名曲パンチラインの意味に学ぶ英語vol.1

それではまた!