【徹底解説】ラップ名曲パンチラインの意味に学ぶ英語Vol.2

microphone

アメリカのラップミュージックを聴き始めてもうかれこれ20年くらいになる。

昔のものからわりと最近のものまでいろいろ聴いているが、いまだにストレートで強烈なメッセージやユニークでウィットに富んだリリック(歌詞)を見つける度に1人でニヤリとしたり、何度も頷いたりしている。

このコラムでは、最近ラップを聞き始めた人がラップミュージックの魅力に気づいてくれたり、また自分のようにラップのリリックから英語に興味を持ってくれる人がいたら嬉しい、という思いから、ヒップホップ界の先駆者たちや、わりと最近のアーティストのリリックの中から、「これはやられたっ!」と思わず唸ってしまうようなエッジが効いてオリジナリティが溢れるパンチラインを紹介していこうと思う。

それじゃ、早速今日のエントリ―を見ていこう。

名曲パンチラインはコレ

Dead in the middle of Little Italy little did we know that we riddled two middlemen who didn’t do diddly

(訳:リトルイタリーのど真ん中で2人の関係ない下っ端を知らずにハチノスにしちまった)

-Big Pun, “Twinz (Deep Cover ’98)” (1998)

Image result for capital punishment big pun

徹底解説

「ででぃなみるろヴぃるいらりりるでぃうぃのだうぃうぃどぅとぅみどぅめふでぃんどぅでぃどぅり」

始めて聞いた時CDプレーヤーがおかしくなったんじゃないかと思いました笑

え、コレがそのパンチラインですか?笑

MEMO

これはBig Pun (R.I.P)というラッパーによるとても有名なラインで、ラップ史上ベストパンチラインの1つとも言われています。

本当におまじないのようにしか聞こえない英語なんですが、徹底解説ではパンチラインを、

  1. “Dead in the middle of Little Italy”
  2. “little did we know”
  3. “that we riddled two middlemen”
  4. “who didn’t do diddly”

の4つのパートに分け、それぞれの部分の意味と繋がりを細かく噛み砕いて明確にしていきたいと思います。

“Dead in the middle of little Italy”

まず、”Dead in the middle of little Italy” についてですが、意味は「リトルイタリーのど真ん中で死んでいる」という風になります。

リトルイタリーというのはマンハッタンの南側にある小さなイタリア人街のことですね。Big PunはNew York出身のラッパーで、この曲の舞台もNew Yorkという設定になっています。

MEMO

“in the middle of ~”「~の真ん中で」は日常英会話でもよく使われる基本的な表現なので確実に押さえておきましょう。

“little did we know”

次に”little did we know…”の部分についてですが、ここは英文法がしっかりと頭に入っている人でないとかなり難しいところです。

意外と知らない人も多いんですが、”little” という単語は、単独では「ほとんど〜ない」という否定の意味を持つ語であって、英会話でよく使う “a little”「少しの」とは異なります。

ココ重要

“a little”:「少しの」

“little”:「ほとんど〜ない」

この2つは似ているようで違うので要注意です。

英文法では、「強調のために否定語を文頭に持ってくると、その後の主語(S)と動詞(V)(助動詞がある場合は主語と助動詞)が入れ替わる」という非常にややこしいルールがありまして、これはそのパターンになります。文法用語的に言うと「倒置」というやつです。

ココ重要

「倒置」:強調のために否定語を文頭に持ってくると、その後の主語(S)と動詞(V)(助動詞がある場合は主語と助動詞)が入れ替わる。

この場合は、本来は “We didn’t know”「私たちは知らなかった」としたいところなんですが、否定語の “little” 「ほとんどない」が先頭に来ているので、主語 “we” と助動詞 “didn’t” が入れ替わっています。そしてその際、”little” 自体がすでに否定の意味を持っているため、”didn’t” の “not” は取れ、”Little did we know”という風になっているんです。

ダメだわからない・・・

ええ、いきなり言われてもこのルールを一発で覚えるのは難しいと思います。

ですが、英語では“little”の他にも“never”“hardly, seldom, only, nor, scarcely”などの「否定を表す語」があり、これらが強調のために文の先頭に来ると「倒置」が起こるんです。

ココ重要

文の先頭に来ると倒置が起きる否定語は、”little”の他にも”never”, “hardly”, “seldom”, “only”, “nor”, “scarcely”などがある。

うーん、さらに増えた笑

その中でも”little”と”never”は非常によく使われます。英文を読んでいてもし文の先頭に”little”や”never”を発見したら「倒置」を疑ってみてください。

そのカラクリを完全に理解できなくても、文全体の意味としてはさほど難しくありません。要は「〜ない」という否定の部分を強調するために単語の順番が入れ替わっているだけなので、そういうものだと思ってひとまず受け止めましょう。

なのでここでは”Little did we know”で「ほとんど知らなかった」という具合になります。

MEMO

文法というのは同じような例に出くわす度に必ず慣れてきます。ご存知の通り英語は反復練習がとても大事です。少しずつでも継続することで知識はどんどん上積みされていくので焦らず1つずつ確実に身につけていきましょうね。

リトルイタリーのど真ん中で人が死んでるのにいいこと言いますね

“that we riddled two middlemen”

そして何を知らなかったのかというのは、”that we riddled two middlemen” に続いています。

“riddle”という単語には「なぞなぞ(をかける)」という意味と、「(銃などで)穴だらけにする」という2つの意味がありますが、ここではもちろん後者の意味で使われています。ここでは2人の “middlemen”「中間=パイプ役」つまり「組織のボスに繋がる下っ端の奴ら」を「銃でハチノス」にしてしまったんですね。

“who didn’t do diddly”

そして最後の “who didn’t do diddly” の “who” というのはその2人の “middlemen” にかかる関係代名詞で、「何もやってない “middlemen”」という風に繋がります。

“diddly” というのは「大したことないもの」という意味で、普段はほとんど使うことのない単語ですが、ここでは全体の「音合わせ」のために使われていますね。

まとめてみよう

と、各パーツを文法的に解説するとこんな感じです。

それでは全部のパーツをくっつけてみましょう。

  1. 「リトルイタリーのど真ん中で死んでいる」
  2. 「ほとんど知らなかった」
  3. 「下っ端の2人をハチノスにしたということ」
  4. 「何も大したことをやってない」

という風になり、これらを繋げて意味を整えて、 

 “Dead in the middle of Little Italy little did we know that we riddled two middlemen who didn’t do diddly”

「リトルイタリーのど真ん中で2人の関係ない下っ端を知らずにハチノスにしちまった」

という感じに訳してみました。

あの訳の分からないおまじないがこんな意味になるんですね

この曲はギャング映画のような犯罪をテーマにしていて、Big Punとその相棒のFat Joeがまるで登場人物のようにかっこいいラップの掛け合いを披露していくドラマ仕立ての曲になっています。

良かったらこちらからチェックしてみてください(該当部分は0:25辺りからです)


はい。ということで、今回の「ラップ名曲パンチラインに学ぶ英語特集」はいかがだったでしょうか?これからも素晴らしきラップミュージックの魅力をお届けすると共に、みなさんの英語学習の助けになれれば光栄です。

第一回から見てみたい!という方は是非こちらからチェックしてみてください。 

cassette 【徹底解説】ラップ名曲パンチラインの意味に学ぶ英語Vol.1

それではまた!