ウータン・クランの英語に見る最高に下品なスラングの悪口

こんにちは!通訳/英会話・発音矯正講師のbigtree(@bigtree1000)です。

3ヶ月で効果が出る超効率的で簡単な全方位型勉強方法の全てはこちら)

動画で晒します。通訳の僕の英会話力と独学・最短で結果を出す5つの本気勉強法

あなたはウータン・クラン(Wu-Tang Clan)という集団を知っていますか?

ラップ好きならば知らない人はいない、1990年代に一大ムーブメントを引き起こした、New YorkはStaten Island出身のHip Hop界のレジェンド的グループですが、何がすごいって、デビューアルバムのリリースから25年経つ今なおHip Hop界の最前線に居座り続け、それぞれのメンバーの様々な分野にわたるソロ活動はもちろんのこと、グループとしてもいまだにアルバムをリリースし続けているというまさに伝説の軍団なのです。

日本にも度々ツアーをしにきていますし、Wu-Wearを代表とするさまざまなファッションブランドにも彼らのトレードマークである黄色い「W」マークが使われていたりするので、ラップに興味がなくても、それを見れば「ああ、これのことだったんだ!」ってなる人も多いと思います。

f:id:bigtree1000:20180313035946j:plain

コレ

ああ、コレですか!

そんなウータン・クランですが、彼らの大きな特徴の1つとして「ものすごい下品なスラングを多用しまくる」ということが挙げられます。

スラングとは主に日常会話などの口語表現で用いられる非常に砕けた言い回しのことですよね。

本当に、彼らの曲の歌詞やインタビューにおけるスラングの割合というのはものすごくて、その内容は下品かつ砕けすぎていてネイティブスピーカーでも理解するのが困難なほどです笑

ということで、今日はウータン・クランのスラングを元に、「英語の下品な悪口」に注目してみたいと思います。

教材は彼らのデビューアルバム“Enter the Wu-Tang (36 Chambers)”の9曲目に収録されている“Method Man”という曲で、その冒頭部分では、Method ManとRaekwonの2人によるスキット(会話や語りなどのこと)が挿入されています。

その内容は、2人が考える恐ろしい「拷問」(“torture”)を交互に発表していくというものなんですが、それがあまりにもひどいので、英語の悪口を学ぶには最適な教材だと思います笑

きっとこれを見ればウータン・クランがどんなにやばい奴らなのかがわかっていただけると思います。

そして後半ではウータン・クランにならって僕なりに考えたスラングの悪口というのも紹介するので是非チェックしてみてください笑

それはちょっと気になりますね・・・ 笑

それでは早速見ていきましょう。

ウータン・クラン流下品なスラングの悪口

以下はウータン・クランの1st アルバム”Enter the Wu-Tang (36 Chambers)”の9曲目”Method Man”という曲の冒頭部分の歌詞です(↓で実際に聴けます)。

I’ll f*ckin’ – I’ll f*ckin’ tie you to a f*ckin’ bedpost with your ass cheeks spread out and sh*t, right? Put a hanger on a f*ckin’ stove and let that sh*t sit there for like a half hour, take it off and stick it in your ass slow like “Tsssssss”

(まずベッドの柱にケツを開く感じでお前を縛りつけるだろ?んでハンガーをストーブの上に乗っけて30分くらい放置する、そんでそれを取ってお前のケツの穴にゆっくり「ツーーーー」ってぶっ刺してやるぜ)

 

Yeah, I’ll f*ckin’ – yeah, I’ll f*ckin’ lay your nuts on a f*ckin’ dresser, just your nuts layin’ on a f*ckin’ dresser, and bang them sh*ts with a spiked f*ckin’ bat (Ooooohhhh) Whassup? BLAOWW!!

(イェー、おれはお前のキンタ〇をタンスの上に乗っけて、とりあえずお前のキンタ〇をタンスに乗っけて、そんでそれを針の付いたバットでぶちのめすぜ「よう、バァーーン!!」みたいな感じで)

 

I’ll f*ckin’ – I’ll f*ckin’ pull your f*ckin’ tougue out your f*ckin’ mouth and stab the sh*t with a rusty screwdriver, BLAOWW!!

(おれはお前の舌を引っこ抜いて、錆び付いたドライバーにぶっ刺してやるぜ「バァーーン!!」)

 

I’ll f*ckin’ – I’ll f*ckin’ – I’ll f*ckin’ hang you by your f*ckin’ dick off a f*ckin’ twelve sto-story building out this motherf*cker

(おれは、おれは、お前のチ〇コを縛って12階建のビルからお前を吊り下げてやるぜ)

 

I’ll f*ckin’ – I’ll f*ckin’ sew your asshole closed, and keep feedin’ you and feedin’ you, and feedin’ you, and feedin’you…

(おれはお前のケツの穴を縫い上げて、そんで食わせ続け、また食わせ続け、また食わせ続け、また食わせ続けてやるぜ・・・)

(Wu-Tang clan, “Method Man” 1993)

画像引用元

下品な英語の悪口はユーモアが大切

下品すぎるぜウータン・クラン笑

「フ◯ック」と「シッ◯」の多さよ・・笑

ほぼ全体がスラングなうえに、黒人英語独特の言い回しや発音ばかりなので聞き取りづらいかもしれませんが、一つひとつの単語は実はそんなに難しくないので、訳と照らし合わせて見ていけば内容は意外と理解しやすいです。

(黒人英語の特徴はこちらで徹底的にまとめているので興味があればチェックしてみてください)

完全版!超マニアックな黒人英語の発音や文法の特徴を総まとめ

実際に曲を聞いてみたい人はこちらからどうぞ。上のスキットは冒頭部分ですが、曲自体もかっこいいです。

しかし、こんなに下品で残虐なことを大笑いしながら録音し、実際にアルバムに使ってしまう。

決して大衆に媚びることなくリアルで生々しい内容を恐れることなく発信し続けたからこそウータン・クランはデビューから25年経った今でも世界中で愛され続けているんですね。最高です笑

ということで、実際に僕もウータン・クランにならって英語の下品な悪口を考えてみました。

やってしまいましたか笑

僕が考えるウータン流英語の悪口笑

以下がMethod ManとRaekwonのスキットを参考にして考えた僕なりのウータン流英語の悪口です笑

良かったら参考にしてみてください。

何の参考ですかね

オリジナル下品な英語の悪口その1

I’ll f*ckin’ – I’ll f*ckin’ scrape your balls with a rough and hard sand paper, and dunk them sh*t in the f*ckin’ boiling Tiger Balm, BLAOWW!!

 

(おれはお前のキンタ〇を固くて目の粗い紙やすりでこすって、沸騰したタイガーバームの中にぶち込んでやるぜ「バァーーン!!」)

タイガーバーム

オリジナル下品な英語の悪口その2

I’ll f*ckin’ – I’ll f*ckin’ sneak up on you from behind and knock your head out with a big-ass Chinese wok, right? Rip your shirt off and pour some starched boiling Happou-sai on your chest slow, like “Jeeeeeewwww”

 

(おれはお前の背後から忍び寄って、でっけえ中華鍋でお前の頭をぶん殴るだろ?んで、シャツを引き裂いてその上から片栗粉でトロみのついたアッツアツの八宝菜を「ジューーー」って注いでやるぜ)

下品な英語の悪口まとめ

いかがでしたか?完全にオリジナルですが、我ながらなかなか下品な出来です笑

自分でもここまで残虐な拷問ができあがるとは思っていなかったのでちょっと引いています笑

こういった下品なスラングの悪口が日常会話でどれくらい役立つかというのはちょっとわかりませんが、とりあえずスラングってすごく奥が深いですよね。

このサイトではまだこれからもどんどんマニアックな表現を紹介していこうと思っているので良かったらチェックしてみてくださいね。

通訳/ストリート英会話講師の本気の英会話上達法はこちら

さらに以下の記事で、日本に生まれ育ち21歳を過ぎてから初めて英語圏に渡りながら、現在通訳英会話・発音矯正の講師をしている僕が、己の経験を元に3ヶ月で結果を出すための超効率的で簡単な全方位型の勉強方法の全てを紹介しています。

単語文法リスニングリーディングスピーキングの5つを同時に鍛えることで、相乗効果により最短で最大の効果を得られる勉強法です。

実際に僕はこのトレーニングを継続することによって短期間で英語力を劇的に向上させることができたので、英会話力を上げたいと思っている全ての人におすすめできる記事です。是非チェックしてみてくださいね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!

BLAOWW!!