「それでは早速」とカッコよく切り出してみよう【今日の英語】

Welcome back y'all to another episode of Big Tree In The House!

 

これまでの人生で "MC" というのを経験したことがありますか?

 

MCというのは "Master of Ceremony" の略、つまり「司会者」のことです。先日自分は友人の結婚式で初めて「結婚式の司会者」を拝命し、不慣れながらもなんとか無事にやり遂げることができました。

 

これまで友人や親族の結婚式には何度も出席していて、だいたいの「流れ」は把握しているつもりでしたが、実際に自分で司会をやってみるとコレがまた難しいこと。友人のとても大切な日なのでミスは許されないし、予想外の出来事にも柔軟に対応しなくてはいけません。

 

早く新郎新婦を入場させてしまえば、来場者の注目はそちらへ向くので司会者は少し気が楽になりますが、実際は新郎新婦を迎えるまでも会場の案内があったり、来賓の簡単な紹介があったりと意外とやることが多くて大変です。

かといって、ここで司会者が長ったらしくゴチャゴチャと喋っていては見ている人も飽きてしまうので、全体のバランスをみて、必要なことを簡潔にアナウンスしたあとに歯切れよくメインのイベントに移ることができればベストです。

 

なので、今日は結婚式の司会者に限らず、自分が何かしらの司会をやっている際に、つかみのトークを簡潔にすませつつ、「前置きはこれくらいにして、それでは早速~」と言いたい時に使えるカッコいいキラーワードを紹介します。

 

では見てみましょう。

 

最高にCOOLな一言はコレだ

 

・・・ということで、二人の簡単なプロフィールをご覧いただきました。さぁ、without further ado, let's welcome the groom and bride!  Everybody!  Please give it up for them!  新郎新婦の入場ですっ!!

 

POINT

Without further ado

(うぃだうふぁーだーぁどぅ

 

f:id:bigtree1000:20180412203013j:plain

司会をする自分笑

 

解説

 

 はい、それでは一つひとつ見ていきましょう。

 

まず、① "without" ですが、「~なしで」でオーケーですね。

 

次に、② "further" ですが、「より遠い」や「もっと先」という意味がありますが、ここでは「さらなる」という意味で使われています。ちなみに "farther" というほぼ同じ意味の単語がありますが、違う点は、"farther" は「物理的な距離」、"further" は「非物理的な距離」を表すのに使い分けられることがあります。

もうちょっとわかりやすく言うと、"farther" は10㎞、100㎞というような「実際の距離」、"further" は「もっと高い知識のレベル」みたいに「実際に測ることができない距離」に対して使うことができます。あともう一つの違いは、「さらなる」という意味があるのは "further" だけです。

 

そして、③ "ado" についてですが、こちらは「騒ぎ」や「面倒」という意味です。

 

なのでこれらを繋げると、「さらなる面倒なしで」となり、意味的には、

 

「前置きはこれくらいにして、それでは、」

 

というニュアンスになるんです。これはもう必ずこのままの形で使われるので、フレーズとして覚えてしまうのが一番です。

 

ちなみに

 

上のセリフで紹介している "Please give it up for~" の方も決まったフレーズとして司会者に非常によく使われる表現です。こちらの記事で紹介しているので一緒にチェックしてみてください。

www.bigtreeinthehouse.com

 

 

ということで、私結婚式の司会業もやっておりますので、需要がありましたらご連絡いただけましたらご相談させていただきます。

 

よろしくお願いします☆